車のスモークフィルムを撤去

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

我が家になってきたジムニー君、なぜか右のリアガラスとリアゲートのガラスのみにスモークフィルムが貼ってある、リアガラスに関しては右だけだし、リアゲートに関しては劣化が激しくて、見た目が大変みすぼらしい。

なので、当然のことながら剥がすことにした。

しかしまぁ、これが剥がれない!!
いつ張られたのか定かではないが、平成5年式2と言うことも有り、フィルムが貼られてからおそらく10年以上は経過していると思われる。

フィルムそのものも相当劣化してしていて、剥がそうにも細かく避けて剥がれる気配がない・・・・

外のステッカーを剥がした時のように灯油やステッカー剥がし剤も効いている気配もない。

そこで!

ジムニーのサイドガラスはビス3本でとまっているだけなので、まずサイドガラスを取り外し家に、暖めるととれやすいという情報を元に、ドライヤー片手に暖めながらじっくりと剥がしてみて、すると

じゃーん
とてもきれいになりました。

続いてはリアゲートのガラス。
ジムニー(ja11)ではリアのガラスを外すのも簡単なようだが、それでもこれだけでかいガラスを素人が外したり付けたいるするのは若干不安が残るため、付いたままでの作業を行った。

この度使用したのも、以前ステッカーを剥がした時につかった「トレーサー!!」

toolsisland¥ 390

(44% OFF)

Amazonで詳細を見る by AmaGrea

消しゴムのお化けみたいなこいつをドリルに装着!
今回はマスク装着で完全防備である。

作業開始!
細かい塵が飛びどんどんと剥がれてゆく、リアガラスには「熱線」が内蔵されていて、webで調べると古いフィルムを剥がすときには熱線がとれてしまうのは覚悟しなくちゃいけない、と書いてあったが、トレーサーだと熱線は無傷で作業できるようだ。

20分後作業完了!
リアガラスのフィルムもほぼきれいにとれた!
フィルム剥がしに困っている方は、ぜひトレーサーを試してみよう!

SNSでもご購読できます。

ad

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。