ジムニーにワイドトレッドスペーサーを装着

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

6.50-16サイズのジープサービスを履いていると、ステアリングを思いっきり切った時や、バンプしたとき、ホイールハウス内にタイヤが干渉する事がある。
DSC_0018 (2)

これがとても気持ち悪くて、ワイドトレッドスペーサー(ホイールスペーサー)を付けようか悩んでいた。

ちなみに新品の最安値はモーターファームの「30mm ワイドトレッドスペーサー 5H/139.7-P1.25 シルバー」13800円というところだろう。

 

そんあこんなと思っていた矢先、中古の30mmワイドトレッドスペーサーをヤフオクで格安でGETできたので早速付けてみた。
DSC_0269

乗ってみた感想~
ステアリングを回しきってもタイヤが干渉しな~~い
きもちい~~~~

但し、問題が一つ発生した。
すこ~しだが、タイヤがホイルハウスからはみ出している気がする。。。

はみ出していないような気もするが、やはりはみ出している。。。。
DSC_0276

オーバーフェンダーでも付けようかと思ったが、割と高いのと、小さなオーバーフェンダーを付けたスタイルがあまり好きではないのとで、WEBでよく見かけるゴム板のオバフェンを自作することにした。

左右合計で2cm(片方1cm)までならば車検対応という事のようだ。

近所のホームセンターにて5mm厚のゴム板を買ってきてホイールハウス内にダブルクリップで仮止めしてみたところ、ホイールハウスのアーチ部分は内側斜め45度くらいの傾斜になっているため、そのままでは、超怒り肩のオーバーフェンダーになってしまう。

DSC_0282

当初はタイヤをはめたまま、プライヤーで曲げようとしたが、そんなのではまるで歯がたたない!
仕方ないので、タイヤを外して大きな木槌殴りで水平にならした。
DSC_0274

ようやく、4タイヤハウスのアーチを水平にならし、5mmのゴム板をビス留めした。

 

DSC_0281

DSC_0286

最後は黒色のコーキング材で隙間をうめて完成!!

材料費は合計で1500円(ビス代含めず)でできた。

 

SNSでもご購読できます。

ad

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。