ジムニーのオイルキャッチタンクを自作

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

突然思いついて「オイルキャッチタンク」を自作してみました。

DSC_0521

一般的にジムニー用として販売されている物は1万円~3万円、汎用品は3000円程度から販売されていますが、今回はホームセンターにあるもので作ってみました。

【ジムニーJB23 】HB1オイルキャッチタンク

【ジムニーJB23 】HB1オイルキャッチタンク
価格:19,548円(税込、送料別)

タンクの本体は、さすがに金属でないとまずいだろうと、ペンキコーナーにある金属の缶208円を使用します。

ホースは1m540円の耐圧ホースを1m購入しました。
ホースの接続に、金属製の口と別売りナットが2組、あと、ホースバンド2個
全部で2000円くらいです。

DSC_0511

材料がそろったので早速製作です。

缶の蓋に穴を2個開けて、ホースのジョイントをねじ込みます。

DSC_0516

DSC_0517

DSC_0518
ちょっと金属板の厚さ不足ではありますが、まあ大丈夫でしょう。

穴さえ開いたら完成したも同然です。
吸気側に10cmくらい内部にホースを付けて、蓋をして完成

後は取り付けるのみですが、ちょっと失敗です。

ホースが1mでは短すぎました。

DSC_0519

ぎりぎり届く場所に無理矢理缶をビス留めして完成です。

DSC_0523

見た目は、・・・・・今ひとつ

ドレスアップ目的ならば、既製品の方がやはりかっこいいですねぇ
余談ですが、インタークーラーに「ARC」ってうす~くプリントされています。
インタークーラーの形状はどう見ても純正なのですが、これは一体何なんでしょう?

情報求む

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。