圧力センサートラブル発生

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ある日家から30キロばかり離れた隣町に出かけ、用事を済ませてかえっていたときでした。

それまで普通に走っていたジムニー君が、突然アクセルを踏んでも反応が鈍くなり、ぜんぜん吹けあがらない状態となりました。

さらにアイドリンク状態だと2~3000回転くらいで今にも止まりそうです。
エンジン音を聞くと、ブルンブブブブルンブブブルン~という感じでリズムがぐちゃぐちゃ、マフラーからは黒煙が出ています・・・・・・

これは一発死んだかな?

嫌な予感が漂います。

しかし、ここから家まではまだ遠い・・・車載を呼ぼうか迷いましたが、思い切ってこのまま帰ることにしました。

気持ちは既に「一本死んだ・・・エンジン交換かぁ~高くつくなぁ~ファイターエンジニアリングのクラフトマンタフがいいな・・・」などと考えています。

そして約30キロ、となりそうなクルマをだましながら、ようやくいつもの車屋に飛び込みました。

メカニックのにーちゃんはクルマの音を聞くやいなや「いい音してるなぁ~(笑」ですorz

とにかく見て貰うと、メカニックのにーちゃんは「うーん?アイドリングは意外と安定してるなぁ~」とエンジンルームをごそごそ・・・

「あ~これか」といって見せてくれたのは、ホース抜けでした。
DSC_0217
圧力センサーのホースが抜けて、燃調が狂っていたようです。
なので、アクセル踏んでも吹けずに、アイドリング時は黒煙が出る・・・・

なる~程納得です

20万円の出費を覚悟しましたが、ホースの交換と工賃で済みました。

古い配管は一度刷新した方が良さそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

ad

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。