ジムニーのボンネット塗り替え

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

よく古いジムニーのボンネットや天井の塗装がはげかけているクルマを目にするが、わがクルマは上に上に塗る重ねすぎて近くで見るととても汚い事になっている。

とくにボンネットはひどく、肉割れのような塗装の亀裂がいろんな所に入っている。

ある日、突然思い立ってボンネットの塗装の修正をすることにした。

当初溶剤で溶かそうと思ったが、溶剤使用はどうもよろしくないらしい、車の塗装剥ぎの一般的な作業はサンダーやグラインダーで古い塗料を削り落とすのがいいみたいだ。

早速近所のホームセンターでディスクグラインダー用の塗装剥ぎパッドを購入し作業開始。
DSC_0259

DSC_0261

長年にわたり塗り重ねられてきた塗料の層がみるみるはぎ取られ、純正の塗装が現れる、一部は削りすぎで地金が見えている・・・

1時間くらい削っているとかなりいい感じになってきたが今日はここでタイムアップ、空模様が怪しくなってきた、地金が出ている状態なので、このまま濡らしてしまうのはとてもまずい、本来ブラサフをふいてその上からほんとそうだが、取り急ぎ直接黒色を吹いて雨対策・・・

のこりはまた次回です。

SNSでもご購読できます。

ad

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。