CO調整レジスタ(空燃費コントローラー)を作ってみた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

JA11は車検時に燃調を調整するため「レジスタ」という抵抗をカプラに挿すことで燃調のコントロールが出来るらしいです。

以前エアクリを替えた際、かえってトルクダウンになったことがありますが、これはエンジンの熱をすった事に加え、燃調が狂ったためにトルクがダウンした可能性があります。

燃調をコントロールすることで、エアクリ変更後もトルクアップできる可能性があります。

薄い

L6 直結
L5 82Ω
L4 160Ω
L3 270Ω
L2 430Ω
L1 680Ω
R1 1kΩ
R2 1.5kΩ
R3 2.2kΩ
R4 3.6kΩ
R5 6.2kΩ
R6 12kΩ

濃い

空燃費コントローラーは、上の抵抗をロータリースイッチにつなぎ、コントロールできるようしたスイッチです。

以前はヤフオクで2~3千円で販売されていたようですが、現在探したところすでに販売はされていないようです。

こうなるともう作るしかありません。
DSC_0583

DSC_0585

近所に無線パーツショップがないのでWEBでパーツをそろえようと思いましたが、残念ながら抵抗1つ単位では販売されていないようです。

仕方なくちょっと遠い無線屋までパーツを購入しに出かけました。

抵抗10個 1個 10円
ロータリースイッチ 1回路12極 200円
スイッチのつまみ 50円
カプラー 190円

DSC_0580
あとは半田でつないで、ダッシュボードに付けて完成です。

試してみました。

アイドリング時に試してみると確かに変化があるようです。
走行時は体感できる物は今のところありません。

最後にダッシュボードにスイッチを取り付けて完了です。
DSC_0589

エアクリを改造してまた試してみましょう。

SNSでもご購読できます。

ad

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。