ボンネットダクト大型化その2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

前回タイムアップで取りあえずボンネットに乗せていた大型ダクトのつづきです。

純正ダクトを半分に切って、アルミのアングルで骨を付けて広げ、PET樹脂の板を張って幅を広げていますが、PET樹脂が波打っています。

見栄えも悪いし、いろいろと悪いのでドライヤーであぶってみました。
DSC_0105

PET樹脂はそもそも塊をブロアで広げているらしく、熱を加えると縮む性質があるそうです。

波打った部分をドライヤーであぶるっていると、しばらくするとへにゃへにゃに、そしてじわ~と縮みはじめます。

波打った場所を加熱すること数分、若干縮みすぎましたがなんとか完成です。

つぎに裏側からコーキングして隙間を塞ぎます。
DSC_0107

風導にはダイソーで調達したコーナークッションをはさみで切って使いました。
DSC_0117

ちょうどいい大きさに切って強力両面テープで固定します。

と言うことで完成~

早速走らせてみましたが、効果は・・・・体感は無し。
デモ確実にインタークーラーに送り込まれる風量は増えているはずです♡
DSC_0133
あっと、写真にはまだブロクにかいていない物が!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

ad

コメント

  1. 匿名 より:

    (笑)

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。