K&Nのエアフィルターを洗浄してみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

K&Nのエアフィルターを中古で落札して数ヶ月、新品の性能を知らないので1度洗浄して性能が変わるかテストしてみることにしました。

DSC_0160

K&Nのフィルターは洗えば何度でも使えることが特徴のフィルターですが、単純にジャブジャブと洗えば良いという物ではないようです。

K&nでは洗浄剤と洗浄後フィルターに塗るオイルのセットが2500円で販売されています。

通常これを使うようですが、ネットを調べてみると、洗浄には灯油をつかい、洗浄後に誇りをチャッチするために塗るオイルにはバイクの2ストオイルを使っても良いようです。
このブロクのパターンでは、灯油&2ストオイルを使うのがパターンですが、今回は純正キットを購入しました。

DSC_0153
Amazonで1780円で販売されていたのがその理由、灯油&2ストオイルなら1000円くらいで手に入りますが、まずは純正メンテキットでなるべく新品に近づけて、本来の性能を試したかったのが大きな理由です。
エアフィルターは洗浄後完全に乾くまで使えないので、フィルターを取り外し、純正フィルターに戻します。

 

DSC_0173
つぎに説明書通り、ブラシで優しくゴミを取り除きます。

DSC_0164

純正洗浄剤をフィルターに吹きかけて10分程度放置します。

時間経過後、ホースの流水で洗い流しました。
グレーの色の汚れが流れでます。

DSC_0166

やさしい水で流しますが3~4分流してやっと透明な水になります。
古いオイルがきれいに流れきったようです。

その後、1日放置して完全に乾燥させました。

感想を確認後、オイルを塗布します。

DSC_0172

赤いオイルを全体に塗って30分ぐらい放置、全体に行き渡らせます。
洗浄完了です。

早速取り付けてインプレッションです。

ボワーという吸気音がこれまでよりも大きくなりました。
しっかり空気を吸っている音がします。

パワーもなんとなく上がったような、さらに、レスポンスが良くなった感じでアクセルを負荷したときのフィーリングが良くなりました。

洗浄後もメンテキットまだまだ残っています、当分使えそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

ad

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。