JA11のプロペラシャフトゴムブーツを交換

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

最近車体の振動が激しいです。。。

車体の振動の原因を調べているさなか、フロントのプロペラシャフトのゴムブーツが裂けていることを確認しました。

このままほおっておくと、ヨークのグリスが飛んでなくなってしまい、最悪破損の可能性が出てくると言うことでゴムブーツの修理をします。

まずは左右とヨークのつなぎ目にスプレーでマーキングをして、もと合った場所に正確に際取り付けできるようにします。
DSC_0030

DSC_0029

あとは左右のボルトを外すだけで、ぬけ・・・・ない・・!

ボルトを外してもうんともすんとも動きません。

ゴムハンマーでぶちのめしますが動かず・・・

今度はジャッキを持って来て、下から思いっきり持つ上げてみました。
すると,あっさりとぽろっと取れました。

左右両方ともジャッキのお世話になり取り外し成功。
DSC_0034

ヨークをはずして中を確認、なんとかグリスは残っていて得に破損やガタもないようです。

グリスをたっぷり注入して、根元のグリス補充キャップを外しヨークを差し込むと古いグリスが補充穴から出てきます。
DSC_0038

きれいになったらゴムブーツ「27153-83001」を慎重に取り付けて完了、後はマーキングの通り付け直して完了です。
DSC_0006

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。