ジムニーのさび取り&シャシーブラック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

いろいろと手を入れている2号車ですが、パーツをつけるのと同じくらい重要なメンテナンスが残っていました。

「さび取り」です!

2号車、1号車に比べて、さびがひどい!

さすが幌車、いろんなところがさびています。

ボディ表面は比較的きれいですが、トランクの端やフロア周り、車体の下回りなど、かなりの部分さびが広がっています。

今回は、ホムセンで購入した「KURE サビ取りクリーナー」を使ってさび退治を行いました。

まずは一番目立つフロント回りバンパーステー周辺です。

説明書の通り、ジェル状の液をさびに塗って5分~10分してから拭き取ってみます。

「え~~全然とれていない!」

もう一度塗布したところで、別のようで2時間ほど空けて帰ってきたら
なんということでしょう!きれいに落ちています。

どうやらこのさび取りは「べったり塗って」「1~2時間置く」とさびが落ちるようです。

さび取り後は水かぬるま湯で拭けとあります。
私の場合、マジックリンで拭くときれいに落とすことができました。

そうとわかれば、とにかくそこいら中のさびに歯ブラシで液を塗って回ります。

結構な箇所に塗布しましたが、一本でわりと使えます。

目立つところを一通り塗りおえて、2時間待ちます。

待っている間に、2号車最大のさびポイントに取りかかります。

リアトランクの端っこ、、見事に広範囲でさべて盛り上がっています。

ここは、液では手遅れっぽいので、まずはグラインダーでさびを削ります。

ある程度削ったらようやくさび取り剤を投入します。

2時間後

塗布前

塗布後

塗布後

すごくきれいになっています。

一番大きいさび後は液塗布後、黒っぽくなりました。

マジックリンでさび取りを落としてゆきます。

大体きれいになったら、シャシーブラックを投入します。

2号車は白ボディーで、フレームも白色です。

汚れも目立つし、さびも目立つのでシャシーブラックで防錆対策を行います。

あと、ボディー下が真っ黒になることで、目ためもシャープになるはずです。

ウインチやバンパーを外します。

タイヤも外してマスキングをします。

準備できたらどんどん塗ってゆきます。

ぐっと男前になりました!

荷台は白色で塗装して防錆対策をします。

まっしろ~~~

シャシーブラック3本、白スプレー2本、クリア1本で完了!

かなりきれいになりました!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。