jimny サブラジエーターを取り付け GSX-R1100のオイルクーラーを流用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

オイルクーラーの方はなんとなく計画ができたのですが、せっかく落札したGSX-r1100のオイルクーラーを投げておくのももったいないので、サブラジエーター用に流用することにしました。

DSC_0178

JA11の冷却系はタービンを冷やした冷却水がラジエーターに戻らずにロアホースからエンジンに流れると言うラインなのでタービンから出てきた水をサブラジエーターで冷やしてやるのは効果的らしい。

すでにJA22の大型ラジエーターに交換済みで、さらにオイルクーラーも付けようとしているので、さらにサブラジエーターというのも付けすぎのような気もするところですが、もう止まりません。

とんだ冷却マニアです、もうエンジンを冷やしたくて仕方がないのです(笑

ラジエーターのパイプライン径は内径10mmなのでサイズもちょうど良さそうです。

まずはサブラジエーター流用のため、オイルをキレイに洗い流すため徹底的に洗浄します。

DSC_0161

ヨドバシカメラで購入したニップルを装着します。

DSC_0174

装着位置は向かって左にしました。

向かって右側にはオイルクーラーのコアが来る予定です。
まずは、邪魔になるグリル内のフォグランプを取り除きます。

つぎにホースを付けたコアを付けても、グリルが取り付けできる位置を探ります。

DSC_0175

どうやってもグリル内には収まらなそうなので、グリルのメッシュを外します。

コアを仮止めして、冷却水を抜きます。

タービンからロアホースにつながるパイプを抜いて、間にサブラジエーターをつけてバンドを締め込みます。

DSC_0181

DSC_0180

グリルを付けます。

DSC_0176

フォグランプをどこに付けようかと悩みましたが、グリル下部に金具ごとネジ止めして固定しました。

あとは、冷却水をもどして、エア抜きして完成です。

前から見たところ、サブラジエーターが露出してイカツくてなかなか格好いいではないですか!

早速シェイクダウンです。

水温計を見ながら、走ってみます。

水温は約90度で安定しています。

車を止めてサブラジエーターを触ってみると熱くなっています。

効いてる効いてる!
まあ、本領発揮は夏場でしょう。

SNSでもご購読できます。

ad

コメント下さい(笑)

Be the First to Comment!

新しいコメントに通知
wpDiscuz
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。