JA11のプラグ交換

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

最近特にエンジンのフケ上がりの途中で、一度パワーの抜ける谷がある事が気になりだした。

3500回転から4000回転くらいの間に一度パワーががくっと抜ける感じがする。

いろいろと調べてみたところ考えられるのは下記の3つくらい

1.エキマニ(エキゾーストマニホールド)が割れている
2.プラグ、もしくはプラグコードの劣化
3.デスビの劣化

エキマニの割れはJA11の持病らしく、調べてみると様々なサイトで報告例がある。
3番のデスビは交換してから間がないので、今回は1か2が原因と思う。

エキマニの交換となると、パーツを揃えたりなんやかんやと大変なのと、中古で購入時から一度もプラグの交換をしていなかったことから、まずはプラグ交換で様子を見てみることにした。

JA11のプラグはNGKの「BPR5E」、近所のイエローハットやホームセンターを回ったが何処にもおいていない、仕方なくスズキのサブディーラーに行ってみたが、ここにも在庫無し!、聞くところによるとF6Aのプラグは最近はあまり使っていない旧型プラグとのこと・・・

数店回っているうちに、「あそこの部品の卸屋ならあると思うよ」と紹介して貰い、ようやくプラグをゲット、イリジウムが欲しかったが残念ながら在庫無し、仕方なく通常のNGKの「BPR5E」を購入、1本480円×3本で1,440円也。

さて交換作業だが、JA11のプラグ交換はエンジンの上に乗ってるインタークーラーを外さなければ出来ない。ついでにエキマニの状態を確認すべく、早速インタークーラーを外しにかかる。
DSC_0246

DSC_0249

インタークーラーを外すのはごく簡単だが、ちょっと問題、インタークーラーを止めている黒いステーのボルトの一つに工具が届かない、ここは延長レンチとユニバーサルソケットアダプタが必要のようだが、何処を探しても見つからず・・・・仕方なく今回は一ヶ所ボルトが留まったまま無理矢理プラグ交換した、当然エキマニも確認も出来ず・・・

プラグの交換は問題なく終了、パワーの谷が改善されたか早速テストしてみると、3500回転を過ぎても気持ちよく吹けあがってくれます!
原因はパワー誰の原因は、どうやらプラグだったみたい。

DSC_0253
これが今までついていたプラグ、結構くたびれている。

ちなみにプラグの交換には下の様な公式があるらしい
交換時期(万km)=10000÷常用回転数(rpm)

これに当てはめてみると通常4,000~4,500回転が常用回転数とすると交換時期は約2万3千キロ。

2万キロくらいが交換のタイミングだなぁ

SNSでもご購読できます。

ad

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。