ジムニーのプラグ&プラグコードを交換

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

DSC_0007

空燃比計の数値が微妙です。
DSC_0137

アイドリング時は11.5、加速時も概ね11.1~11.5
ちょっと濃いめです。

自作した空燃比コントローラーの燃料一番薄めで設定してこんなところです。
濃い状態だと10.2~3になります。
センサーがおかしいのか、(そもそも中古のナローバンドセンサーだし)それともメーターが悪いのか、実際燃調が濃いのか・・・

と言うことで燃料をきっちりと燃やすためにプラグとプラグコードを変更して見ました。
DSC_0121
取り外したプラグです。まだそんなに汚れていないようです。

チョイスしたプラグは「NGKイリジウムプラグ BPR6EIX」です。
一本740円、3本で2,220円でした。

 

DSC_0117

通常ja11の場合、インタークーラーが邪魔でプラグ交換も一苦労ですが、我がJA11はステーを改造済み(HT-06タービンにスワップ時)なのでボルトを一個緩めるとインタークーラーの取り外しが可能になります。

作業は簡単10分もかからずに完了、同時に注文したプラグコードはまだ未着なので、まずはイリジウムプラグの実力チェックです。

20~30分程度走ってみた感想は。。。変化無し!
これまで付けていた普通のプラグとまったく変化ありません。
番手を純正の5から6に一つあげているのですが体感的には一切変わりません。
空燃比計の数値もまったく変わり無しです。

プラグ交換から遅れること3日、ようやくプラグコードが届きました。

チョイスしたのは「永井電子 ウルトラ ≪ブルーポイントパワープラグコード≫ 【ジムニー M-JA11V F6A(SOHC) H2.3-H7.10 660TB】(2743-40))」です。

 

DSC_0006

 

純正のプラグコードと比較して大幅に電気抵抗の軽減を図れるという、某超有名ジムニーサイトでも折り紙付きの超高性能プラグコードです。

付け替えは古いコードを抜いて新しいのを挿すだけ、5分もかかりません。
DSC_0011
もともとついていたプラグコードです、NGKのものですが何時から使われていたかは不明です。

そしてテストドライブです。

空燃比計の数値に変化無しorz

しかしアクセルを踏んだ後のレスポンスがぐっとよくなった気がします(ブラシーボ?)

明らかに違う部分としては、アイドリング時の水温計の温度が5度ほど上がりました。
さらに、いままでアイドリング時に起こっていた不整脈のような状態が解消され、アイドリングが一定の回転数で落ち着いた感じになりました。

ブルーポイントパワープラグコードはプラグコードとしては高価なパーツですが非常に満足度の高いパーツと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

ad

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。