JA11ジムニー 自作アクセルペダルを装着

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
       

ヒールアンドトゥと言えば、峠を攻める走り屋のイメージですが、ジムニーでトライアルに出場していても、やはりこの技術を使います。

 

具体的には、狭いコーナーをバック無しで曲がるために、トランスファーを2駆にして、ブレーキを踏みながらアクセスをあおることで、アクセルターンやバックターン、また4駆のまま「しゃくる」という技法(ブレーキを踏みながらアクセルをあおり、クラッチをつないだり離したりして少しずつ方向転換する方法)を使う場合もあります。

 

そこで、ja11ですが、アクセルとブレーキの位置が、ヒールアンドトゥを行うには、あまりにもやりにくい配置となっています。

トライアルに出場する場合、後付けのペダル等をつけて、この位置を補正するわけです。

我が二号車ですが、やはりペダルは位置を補正するために、自作の延長ペダルを付けていました。。

それも木製・・・

数年間利用していました、ブレーキとアクセルのペダルが近づき、それなりに運転しやすかったのですが、一点問題がありました。

木で作っていたために、厚いのです・・・・

ブレーキを踏み込むと、アクセルペダルがブレーキの上に来てしまい、そのままアクセルをあおると、踏みすぎてしまう事がありました。

そこで、今回は、この木製のペダルを改めて、ブレーキを踏んだ際に、ちょうどアクセスペダルがその横に来る感じで高さを調節します。

素材は、ガレージに転がっていた4.5mmの鉄板を使用しました。

遂に木製から卒業です。

グラインダーで、適当な大きさに切ります。さび錆だったので、磨きました~

 

アクセスペダルには金具を使い、新ペダルがボルトと止め出来るように金具を付けます。

ボルトで固定してみました。

今までよりも、約10mmくらい、厚みがへって、ブレーキを踏んだときに、横にアクセルペダルがある感じです。

川原に持っていって、試しに「しゃくって」みます

なんとなくよさそう~

見た目も多少良くなって、満足◎です♡

  • by
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • LINEで送る

    SNSでもご購読できます。

    広告募集中

    ad

    コメント下さい(笑)

    avatar

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

      Subscribe  
    新しいコメントに通知
    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。