さびさびのマフラーを磨いてピカピカに仕上げる方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
       

前回、リアバンパーをぶつけて、バンパーとテールランプの補修を行いましたが、実はそのとき、もう一カ所問題を見つけていました。

 

リアを強打した際に、どうやらマフラーも強打したようです。

太鼓部分に損傷はありませんが、下に潜ってみて仰天です

 

パイプが途中で潰れてるorz

パフラーのパイプの一部が曲がって潰れているではありませんか。

 

これでは排気効率は純正以下、、、

なんとかしなくてはなりません。

 

困ったときの「ヒカリオート」です。

中村さ~~~~~~~~~~~~~~ん、マフラー余ってませんか?

 

「あるよ」

 

なんでもあるなぁ~

 

 

「2本あるから、両方あげるわ」

なんと無料でもらってしました、それも2本!

 

そして、早速もらってきました、2本

 

どちらをつけようか、どちらもメーカー不明なのでググって出生地をさがします。

 

一本は、形状がサクソンっぽいので、期待しましたが、細かい部分が違うようです。

調べた結果、wiruswinのグレートマフラーに間違いないようです。

もう一本も、wiruswinっぽいですが、確信が持てるまではわかりませんでした。

 

現在フロントパイプがwiruswin製なので、同メーカーのマフラーなら相性もいいだろうと、こちらをつけることに決定!

 

さて、つけるマフラーは決まりましたが、いただいたマフラー、さびさびなので、このまま付けるのはいただけません。

サクッと磨いてみることにしました。

 

ホームセンターにて物色したのはこちら。

 

さび落とし用のグラインダーのペーパーと、フェルト、そして「ピカールラビングコンパウンド」です。

 

さびさびのマフラー、オールステンレス製なのに、時間が経つとこうなってしまします。

 

グラインダーにて一気にいきます。

 

みるみるさびが落ちて行き、10分程度で、あらかたのさびはなくなりました。

 

ピカールラビングコンパウンドをぬって、ファエルトパフで磨きます。

 

なんと言うことでしょう!

 

ピカピカです!

 

美しい!

 

鏡面まではいきませんが、十分なレベルになりました。

 

既存のマフラーをはずして、磨いたグレートマフラーを取り付けます。

(折れたマフラーです)

 

でけた・

 

 

エンジンONでマフラー音を確認します。

 

「ヴオンンンンンンンンンンンンンンンンン」

 

結構な爆音です。

大人が付けるマフラーの音ではありません。。

 

なんでも、前のオーナーさん、爆音過ぎて近所からクレームが来たので、純正タイプに変更して、このマフラーはヒカリオートにおいていったそうで。。。

 

なるほど、うなずけます。

 

まぁ、いいか♫

 

ということで、今後月に1~2回程度、爆音を奏でる予定です。

0 0 vote
Article Rating
  • by
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • LINEで送る

    SNSでもご購読できます。

    広告募集中

    ad

    Subscribe
    新しいコメントに通知
    guest

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    0 Comments
    Inline Feedbacks
    View all comments
    0
    Would love your thoughts, please comment.x
    ()
    x
    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。