JA11ジムニー リアホーシングからオイル漏れ修理

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
       

 

エアロッカーも正常に作動するようなり、MKYまで走りに行ってきました。

やっぱ、MKY楽しいです。

満喫したのはよかったのですが、

「ゲゲっ」

お漏らし発見です。

 

右リアのホーシングの先からオイル漏れ、ギアオイルが漏れているようです。

「あ~~あ、最近何度も抜き差ししたから、なんかしくじっちゃったかな~」

 

とはいえ、ここのシールは2号車購入後、1度も交換していません、また、半年程前にスパルタンロッカーからオープンデフに変えたとき、プロテクタ オイルシールがホーシングの中に転がっていたことがあります。

どうやら、右後ろプロテクタ オイルシールもすでに無い状態、丁度替え時でしょう。

 

オイルシールの交換

用意するのはこの2つ

プロテクタ オイルシール 品番43588-73000
オイルシール 48X62X9 品番09283-48007

さて、オイルシールを交換するには、例の作業が必要です。

この数週間で3度目のドライブシャフト抜きです。

 

正直もう飽きました・・・

とはいえ、オイルダダ漏れ状態なので、また今度ともいきません。

 

観念して、作業開始。

 

今回は片方のみなので、右後ろを高く上げて、ギアオイルは抜きません。

しかし、ブレーキラインの抜くのはまたもや必要です・・

めんどくさい・・

 

そんなこんなで、右のドラシャを抜きました。

 

オイルシール登場です。

 

 

オイルシールをとるのに私が重宝して使っているのがこれです。

このプライヤーがあれば、大概のオイルシールは簡単にとれます。

 

実際、今回もいともたやすくとれました。

向きを確認してオイルプロテクターを入れて、シールを打ち込みます。

シールの打ち込みには、もちろんこれ!

ジムニー用万能特殊工具 塩ビパイプ継ぎ手です。

こちらのやはりサイズがジャストフィット!神がかってますなぁ~

シールの打ち込みが完了したので、ドラシャを入れて、元に戻します。

 

あとは、恒例、ブレーキのエア抜きです。

 

通常2人でしますが、私の場合、アストロプロダクトの ワンマンブリーダータンクをつかって一人でしています。

 

マスターシリンダーにブレーキフルードをたっぷり入れて、左リアのブレーキのブリーダープラグを緩めてワンマンブリーダータンクをつなぎます。

 

5回ほど、勢いよくブレーキペダルを踏んで、ワンマンブリーダータンクのホースをチェックします。

 

まだ、エアがホース内にたまっています。

 

再びマスターシリンダーのタンクをブレーキフルードで一杯にして、5回ほど勢いよくブレーキペダルを踏み込みます。

 

再びワンマンブリーダータンクを確認。

 

今度は、ワンマンブリーダータンクのホース内にエアはなく、ブレーキフルードで満たされています。

 

Ok

ブレーキのエア抜きも完了です。

この作業も、もう等分したくない。。

5 1 vote
Article Rating
  • by
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • LINEで送る

    SNSでもご購読できます。

    広告募集中

    ad

    Subscribe
    新しいコメントに通知
    guest

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    0 Comments
    Inline Feedbacks
    View all comments
    0
    Would love your thoughts, please comment.x
    ()
    x
    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。