ジムニーの天井張り替え

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

本日もジムニー君である

我がジムニー君の天井は,現在建築中の家と同様に「和風」が入っている。

というか、剥がれかけた天井の内装(ルーフカバー?)を切り出した竹の梁で支える仕様となっている。
まじまじと見るとこれが何とも貧乏くさい。

そこでいいネタは無いかなとまたもやネットを探してみると、ごろごろと出てきますね~さすがはDIY車キングのJA11です。

どうやら、JA11君は年季が入ってくると天井のシートがはげて落ちてくるのが仕様らしく、みんな様々な工夫をしているよう、なかでもメジャーなのが「プラダン(プラスチック段ボール)」をつかって天井をカバーする方法のようで、我がジムニー君もこの方法でリペアーすることにした。

しかし、張り替えるとは言えプラダンのままでは何となく貧乏くさい、そこでかっこいい布を用意してプラダンに貼り付けてかっこいい内装にしよう、と計画した。

先ず用意するのがプラダン、今回は布を貼り付ける予定なので色は何でもいい、ホームセンターを探すと透明の「養生用プラダン180×90cm」が一枚198円!で売っていたのでこれを購入。ついでに「g17」というボンドのスプレー1100円を購入した。

切り取るサイズはこちらのホームページを参考にした

http://wonderdevice.blog74.fc2.com/blog-entry-487.html
フロント用110cm×87cm リア用109cm×79cm
余った板を20cmくらいで切断して筋がクロスになるようにセロテープで貼り付けた。


これで縦方向に押し込んでも踏ん張りがきくようになる予定。

フロント、リア共に切り出した後、実際車に付けてみてフィット感をはかるとばっちり!
先人の苦労には頭が下がる。

さて、ベースの板は完成したので今度は貼り付けるためのはぎれを買いに近くの手芸屋さんに。。。

頭のイメージとしては「真っ赤な合皮」の天井 である。
でいろいろと見て回るが、赤い合皮の生地がない、黒と銀色はあるが肝心の真っ赤も、えんじ色も見当たらない、「う~~~ん、ぴんとこないな~」と車で30分くらいかかる隣町まで足を伸ばしてみた。

ここにある手芸屋さんは2店舗、まずはショッピングセンターの中にある店舗に行ってみる。見当たらないので店長さんに「あの、赤色の合皮あります?」と聞くと、「あ~~、倉庫の中にはいっぱいあるんだけどなぁ~~重いから持って来てないよ~~」とのこと、「どうやって売るんだろう?」と思いつつも、次の店に。

こちらは怒本命の「手芸センターdream」と言う大手チェーン・・

で、ありました!真っ赤な合皮!でも高い!1メートル2000円、240cm必要なので結構するなぁと悩んだあげく、赤と白のチェック柄のナイロンシートに変更した、ついでにドアパネルも張り直しちゃおうと計画していたので、こちらは1メートル2000円の合皮を購入した。
早速帰って天井用のプラダンに貼り付けようとすると。。。。。つかない・・・・


どうやらプラダンはプロポリピレンという難接着素材でほとんどの接着剤では接着不可と言うことが判明(涙)

 

いろいろと悩んだあげく、取りあえず四方をホッチキスで留めて設置することにした。

ホッチキス作業中
そして、はめてみる。
縦に止めた20cmのプラダンがいい仕事をして簡単に設置完了。
それでこんな感じになりました。

(たわんでいるけど)いい感じです!

車内の感じがまるで変わりました!
たわみに関しては、プロポリピレン用接着剤であらためて付けるか、プラダンに布を縫い付けるかしかないなぁ、と計画中
ドアパネルの張り替えにつづく・・・

SNSでもご購読できます。

ad

コメント下さい(笑)

Be the First to Comment!

新しいコメントに通知
wpDiscuz
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。