JA11のテールランプをジープ風に改造

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ジムニーのジープ風テールランプ

こんなリアテールに改造したので、改造日記です。

ジムニーのマフラー交換を考えていますが、一つネックになることがあります。

JA11の社外マフラーには様々なタイプの物がありますが、その多くが「純正リアバンパーでは取り付け不可」となっているのです。

FARMジムニーステンレスマフラー JA11・JA51・JB31用

FARMジムニーステンレスマフラー JA11・JA51・JB31用
価格:29,800円(税込、送料別)

(これがつけたいけど純正バンパー不可)

じゃ、リアバンパーを社外にすればいいじゃん!

となるわけですが、私はどうしても社外で主流の↓こんな形のバンパーが気に入りません。。。

なので、バンパーを交換するならば「バータイプ」ということになります。
するとです、これまでバンパーについていたリアのコンビネーションランプは場所を変更しなければなりません。

ここでもう一つ問題があります。

1.でかいスペアタイヤを背負っていると、リアゲート右側にに社外のバックランプやウインカーを取り付けることが出来ない。

2.そもそもJA11の社外リアテールのLEDタイプのデザインがまったく気に入らない

(たとえばこんなの・・・・)

特に2番の問題は深刻です。

「JA11 リア テールランプ」でググっていろいろなジムニーのカスタマイズを見ますが、どれも今ひとつ気に入りません。

唯一ビビッときたのは「マッドモービル」という徳島のショップの「3連テール蛍」という3連テールです。

このジープっぽい感じが何ともグッドです。しかしここにカスタムをお願いすると60000円強とかなりお高いようです。

こうなるともう自分で作るよりありません。

まずは材料の物色ですが、汎用のテールランプは意外と高価で、一灯あたり平均2000円前後です。
蛍テールと同じ6連にすると12000円、結構な出費です。

(こんな奴です。。)

そこでいろいろと検討した結果、左右2灯のジープタイプ、ランプはJA11のリアコンビランプを加工して使用する事に!

イメージとしては三菱jeep J53みたいな感じです

そうと決まれば、まずはレンズの調達です。
レンズはjeepのアフターパーツショップより、赤2枚、オレンジ2枚(各420円)を注文しました。

http://jeepsparrow.shop-pro.jp/?pid=59351399 ここで購入

レンズを支えるボディは水道の塩ビパイプ75π(540円)と、75π用の塩ビの蓋4個(275円)を購入。

いよいよ制作開始です。
一度走り出すと、純正品を切り刻むので後戻りは出来ません・・・・

まずはジムニーのおしりのアールを紙で型どりして、塩ビパイプをグラインダーで整形します。

DSC_0144

純正の3連ランプを各ランプに切り分けて、パイプにはまるよう角を落とします。

DSC_0147

ランプをパイプに装着して、コーキング材でコーキングします。

DSC_0149

 

DSC_0154

黒色に塗装して、水道管の蓋に穴を開けて装着。。。

DSC_0160

 

DSC_0159

じゃーん!!!!!!これでランプは完成です。

DSC_0278
あとは車体に取り付け!!

ホールソーで配線用の穴を開けて。。

DSC_0280

配線を通すために、リアゲートの脇にも穴を開けました。

DSC_0285

ランプを本体に取り付けてタッピングビスで装着です。

周りは黒色のコーキング材で穴埋めします。

ちなみに、純正バンパーの代わりに単管パイプでバータイプバンパーを自作していますが、これは次回のお話で・・・・

で、こんな感じになりました!

DSC_0303

DSC_0302

 

DSC_0295
ちょっといい感じでしょ!

SNSでもご購読できます。

ad

コメント下さい(笑)

Be the First to Comment!

新しいコメントに通知
wpDiscuz
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。