キングピンのシム抜き で シミー対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

DSC_0067

 

がっちがちに堅い増しリーフから、しなやかなキタガワリーフに交換して以来、ハンドルがたがた病に悩まされている。

いわゆる「シミー」という現象でこれまたジムニーの持病の一つ。

低速では問題なく、私の場合は60KM位から揺れ出し、80キロくらいにはもうかなりガッタガタだ。
この症状が出た場合、ほとんど原因は「キングピンベアリング」らしいが、今回はキングピンベアリングを締め付けている金具に入っている「シム」を抜くと良いらしいと言うことで早速作業してみる。

タイヤを外して、、

ブレーキキャリパーを外して、、、

金具を締め付けている4本のボルトを外し、、、

シムを抜き、、、、、

周りをきれいにしてゴミを取り、、、、

液体ガスケットを塗り、、、、、

金具を戻して、、、

ボルトを締めていたら、、、
「バキ!!!!!!!!!!!!!!!!」

DSC_0068
「ボルトが折れた!!!!」
こんな場所で!
洒落にならん!!!!!

そ~と金具を外し、折れたボルトを確認すると
頭が5mmくらい出ている、

「これを何とかするしかない!!!」

まずは556を噴射!!
プライヤーでゆっくり回してみると、、、、

回った!!!!!!!!!!!!
取れたー!!!!!!!!!

良かった。

ホームセンターでM8-2cm-1.25ピッチのボルトを買ってきてねじを全て交換、
反対側も同じ作業をして、念のためねじは新品に交換。

DSC_0070
そして、走ってみた----------------
ちょっとだけ直った orz

SNSでもご購読できます。

ad

コメント下さい(笑)

Be the First to Comment!

新しいコメントに通知
wpDiscuz
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。