JA11の純正エアクリーナーを加工

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

足回りが落ち着いてきたので、今度はエンジンに手を入れるかな~などと考えるこの頃、やってみたいメニューは「ビックスロットル」「社外エアクリーナー」「シュノーケル」「フロントパイプ」「エンジンスワップ」など。

メニューはいろいろとあるのだが、まずはお手軽に純正エアクリーナーの蓋をはずして超お手軽むき出し型エアクリーナーに改造してみた。
image

まずは純正のエアクリーナーを外して、ホームセンターで購入してきたM12×30cmのボルトに合うように、本体のおしりに穴を開ける。

フィルター側の蓋には丸い金属なら何でもよいので、まえに雑誌でみた円形のステンレス灰皿に穴を開けてボルトを通してビス留めしてみた。
image

走っての感想、「ボ~」という吸気音が聞こえるようになったが、そもそもうるさいのでほとんど聞こえない。ちょっとは効果があるのかどうかも不明・・・・・

ただし、フィルターがボンネット横のスリットの位置にちょうどあるので、高圧洗浄機などの洗車時に思いっきり水をかけてしまいそうでちょっと危ないかな?
image

2014/9 追記

この改造後、低回転時のトルクが明らかになくなったため、ノーマルに戻しました。
乗り比べた結果、ノーマルの方が断然よいです、この改造は失敗でした・・・

SNSでもご購読できます。

ad

コメント下さい(笑)

Be the First to Comment!

新しいコメントに通知
wpDiscuz
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。