ジムニーのアッパーホースの水温センサーをロアホースに移動

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

オートゲージの水温計を使っていますが、一般に言われる水温より、我がJA11は高めの温度が出ます。

 

通常が100度、真夏は110くらいになります。

 

DSC_0023しかし、標準の水温計は中央より少し下でぴくりとも動きません。

 

水温計のセンサーの誤差と思われますが、気持ちいいものではないので、センサーの場所を

DSC_0450現在のアッパーホースからロアホースに移動することにしました。

DSC_0473

電動ファン化によりシュラウドが無いので作業は非常に簡単です。

 

とおもったら、ロアホースが固着して外れません。

 

2~30分格闘してようやく抜けました。

 

センサーをロアホースに移動し、アッパーホースはセンサーがあった部分に水道の継ぎ手の金具を付けて入れ替え完成です。

 

さて、位置替え後、水温は・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

ほとんど変わり無しですorz

 

 

SNSでもご購読できます。

ad

コメント下さい(笑)

Be the First to Comment!

新しいコメントに通知
wpDiscuz
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。