JA11オルタ修理、充電しない!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

前回オルタネーターの記事をアップしてから1ヶ月が経ちますが、実は未だ問題を解決出来ずにいます。
DSC_0078

一度目のリビルドオルタネーター交換後、一向に発電されずオルタネーターの不具合という結論で、オルタ購入先のショップで再度新品にに交換してもらいました。

2度目のリビルドオルタネーター交換直後、正常な発電を確認し、修理完了したと思われました。

しかし、作業完了一週間後・・・またしてもバッテリー上がりが発生!!

試しにエンジン起動後にバッテリーのマイナスを外すと「プッス~」とエンジンは止まってしまいます。

「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

症状としては

1,リビルトバッテリーを2度交換
2,オルタネータからバッテリーに充電されていない。
3,3~4日でバッテリーが上がる
4,バッテリーを変えると正常にエンジンは始動
5,バッテリーのマイナスを外すとエンジン停止
6,エンジンを吹かしても電圧に変化がない
7,バッテリーの警告等は点灯しない
8,オルタネーターベルトの鳴きも無し

もうオルタネーターが原因とは考えにくいようです。

そこで「発電はしているが、発電量を上回る電気がどこかで消費されているのでは?」

所謂漏電を疑います。

兎に角わが、JA11は今ごちゃごちゃと電装品を付けているので、漏電の可能性は十分にあります。

フル充電のバッテリーをつなぎ、電圧を測ると12V、エンジンオンで電圧を測っても変化無しの12Vです。

正常な場合、エンジンON時の電圧計の値は13~14V程度なので明らかに異常値です。

漏電の手がかりを探るため、エンジンONの状態で、電圧計を確認しながらヒューズボックスのヒューズを1個ずつつ抜いては電圧を確認します。

すべてのヒューズを抜いてチェックを行いましたが、まったく電圧の変化はありませんでした???

もうこうなるとかなりお手上げです。
と言うことで今度は実力行使、取りあえず外せる後付けの電装品を根こそぎ外してゆきます。

フォグに追加メーター、ウインチ・・・・

残った後付けは電動ファン程度までばらばらにしてみました。

そしてエンジンON!

電圧計の値は・・・・・・・・・・・・・・変化無し、どんどん落ちて11Vを著るくらいになっています。

このテスト、1日では出来ませんでした。

週末を待つ間、通勤のため、よるバッテリーを外しチャージ、朝ボンネットを開けてバッテリーをつなぐ、日産リーフか内のJA11かと言うくらいの電気自動車感一杯です。

「漏電ではなさそう・・・」

そして、もう一つの仮説にたどり着きます。

「オルタネーターベルト、滑ってんじゃね?」

オルタネーターのベルトが劣化して滑り、発電量が十分じゃないのではないか?

と言う仮説の元、ネットを検索してみると、あるはあるは!!

スズキの古いエンジンではオルタネーターベルトが滑るのは定番の不具合で、対策品もあるとのこと・・・・・

「な~~んだ、こんな単純なことか!」

早速パーツを注文します。

純正では「ベルトオルタネーター」「17521-71520」 620円(ネット情報)
dsc_0200

dsc_0199

dsc_0197

ついでにエアコンのブイベルトも交換します。
「95141-55C10」 2,500円(ネット情報)

ベルトオルタネータはお安いですが、ブイベルトは結構なお値段なので楽天で社外品を購入しました。
「MPMF1300T+4PK855L ジムニーJA11V/JA12V・W (F6A/2バルブターボ)92/06~ファン・A/C(P/S兼)ベルト2本セット スズキ」

ベルト2本セットで1,388円(送料540円)とかなりお買い得です。

数日後ベルトがやってきました。

ベルトオルタネーター新旧を比較すると、新ベルトは内側が波状になっており、いかにも滑らなそうです。

「これでばっちりだろうなぁ~」

ベルトを見るともう滑る気はしない感じです。

早速、交換します。

エアコンのコンプレッサーを緩め、オルタネーターを緩めると両方のベルトを外すことが出来ます。

マニュアルを見ると、ベルトの張りの数値も記載されていますが、そんな計測器はないので、精一杯ベルトを張った状態で、コンプレッサーとオルタネーターを締め付けます。

「出来た!!」

これで直ったに違いない!!!

早速エンジンON!!!

電圧は・・・・「11V !!!orz」

何故じゃ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

交換が終了したベルトを観察しても、滑っている様子はありません。

振り出しに戻ってしまいました。手詰まり感が漂います。

1度原点に戻ってみよう。
もしかしたら2個目のオルタも壊れたのかも・・・・

まさかまた返品交換してもらうわけにも行かないので、もともとついていた純正のオルタネーターで何とかならないか検証を行います。

「純正オルタネーター」のブラシが減って発電しなくなった可能性から、純正オルタのブラシをチェックです。

オルタの4箇所のボルトを外し、左右のボルトアンカーをハンマーでコンコンとたたいていくと、2個に分離します。

おしり側を除いたところ、オルタのブラシは2個ともまだまだ使えそうな状態です。

23万キロも走っていて、こんなにへらないもの?と思うくらいブラシはばっちりでした。
dsc_0011

dsc_0010

組み直すには、ブラシを6角レンチなどで押し込んで、オルタ後ろに開いている穴に細い棒(釘や6角レンチなど)を突っ込んでブラシをロックします。

オルタを合体させた後、棒を抜いてボルトを4箇所締め付けて完成。

見たところ、この純正オルタも壊れていなさそうな雰囲気がぷんぷんします。

そこで、リビルドオルタを外し、再再再度純正オルタを装着します。

エンジンオン!!!

電圧は・・・・・「11V   orz」

「もうギブアップ、あえなく車屋さんに入院することとなりました。」

我が町から40KMはなれたヒカリオートまで、回送します。
電気自動車状態なので、昨夜からバッテリー2個フル充電で向かいます。

所要時間約1時間、1個目のバッテリーで無事到着。

途中途中、TELで症状を伝えて相談していたため、状況は把握していただいています。

到着後、あらためて説明。

「う~ん、なんだろうね~、もしかすると長期入院になるかも!」
とお言葉を頂きました。

さて、どうなる!俺のジムニ-!復活するか?!

SNSでもご購読できます。

ad

コメント下さい(笑)

Be the First to Comment!

新しいコメントに通知
wpDiscuz
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。