ja11 ジムニーにHKSのEVCをとりつけ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ジムニーのようなターボ車の利点は、ブーストを簡単にあげられること。

お手軽な設定で、ノーマルとは違うエキサイティングな仕様に簡単に変更可能です。

ジムニーの場合、その最たるものが「スプリングをつかったアクチュエーターの強化」でしょう。

ホームセンターで売ってるスプリングと金具で、アクチュエーターウエストゲートの弁を引っ張ることで簡単にブーストアップができます。

10170260_655938404454809_1345924793_o

10172380_655938391121477_107596501_o

10172475_655938381121478_1875146462_o

1号車&2号車ともにスプリングアクチュエーターを使って、標準の0.6くらいから少しブーストアップして0.8くらいにセッティングしていました。

 

スプリングチューンはジムニーチューニングの中でも、最もコストパフォーマンスの高い改造で、数百円の投資で明らかに走りが変わります。

 

しかし、メリットがあればデメリットもあるのが常です。

 

JA11の場合、ブースト圧が0.9でブーストリミッターカットが入ります。

 

リミッターが働くと、1気筒分のインジャクターからの噴射がカットされて「がっくん」といやな振動が発生します。

 

これが何度も続くとエンジンにダメージを与えてしまいそうです。

 

スプリングチューニングの場合、立ち上がりを早くするために強めに引っ張ると、エンジンがふけ上がる前にブースト圧が0.9をオーバーしてしまいブーストリミッターが動いてしまします。

弱めのセッティングでは、立ち上がりが遅れ、おいしい領域が今ひとつ長続きしません。

 

この絶妙な引っ張り具合を調整するわけですが、何度もブーストリミッターを効かせるのは気持ちのいいものではありません・・・・

 

セッティングに迷っていましたが、近所のアップガレージで「未チェック、HKS EVC3」がお買い得価格で売られていたので、EVCを試してみることにしました。

HKS EVC3とは「ブーストコントローラー」と言われるメカの一つで、HKSの他にアペックスやトラストなど数社から発売されています。

なかでもHKSのEVCシリーズは評判が良いようです。

さて、購入したEVC3ですが、1997年発売とのことですでにかなりの年期ものです。
当時の販売価格は64,800円と結構なお値段だったようです。

ちなみに最新型の「EVC6-IR 2.4」は65,000円、2014年発売です。

廉価版もありますね~

基本的にはステッピングモーターで制御されたブーコンで、時代とともに、設定可能な領域がどんどん広がっているようです。

 

ただ、どんどんマニアックになって言っている分、結構設定も難しくなっているようで、ジムニーならばEVC3でも十分そうです。

 

前置きが長くなりましたが取り付けてみます。

 

JA11の場合、取り付けはものすごく簡単で、アクチュエーターからスロットルへ伸びている配管に挟み込むだけです。

ブーストセンサー部は、サージタンクのパイプを三つ叉にして割り込ませます。

すでにブースト計がついているので、配管がごちゃついています・・・・

上から見て右端がブースト圧センサー部、左端がアクチュエーターにつながり、真ん中からスロットルに伸びてゆきます。

ハーネスは右奥の穴から室内に引き込みました。

本体部分にはカプラーが3個ついています。

一番大きなカプラーはハーネスとつながります。

赤と黒のカプラーは電源です。

赤がACC,黒がアースにつながります。

4本の線があるカプラーは用途不明ですが、調べたところ、使わなくても問題ないとのことでした。

配管&配線完了。

キーONで電源がつきました。

よかった、壊れてはないようです。

まずは基本設定、本体裏に「SW←→PO」と言うスイッチがあります。
SWはスイングバルブ式、アクチュエーター付き車両、 POはポペットバルブ式、JA11の場合はSWです。

https://www.hks-power.co.jp/aftersupport/faq/images/evc/pdf/evc3_manual.pdf

マニュアルを見ながら、まずは本体を初期化します。

次に平常時のブースト圧を入力、今回は0.65としました。

次に0.65に0.2を足した数値 0.85を入力します。

次に過給圧コントロールモードの設定、EVC3の倍HIGHモードとLOWモードの2モードに切り替えが可能で、それぞれ設定します。

今回はHIを0.85 LOWを0.65としてみました。

それでは緊張の試乗です。

ぐっとアクセルを踏み込みますが。これまでのスプリングチューンの出だしと変わりません。(まだ、スプリングも付けたままです。)

そのままHIモードでアクセルを踏み込むと、程なく「がったん」とブーストリミッターが作動しました・・・・・・

ブースト圧0.9オーバーです。

「う~~~~~ん」

今度はアクチュエーターのスプリングを外してテストします。

再び同じ直線でテスト。

今度はうまいこと0.85前後でとどまっているかな~~~と思ったら、やはり4速当たりでブーストリミッター始動・・・・

HIモードのブースト圧を0.8に変更して再再度テスト。

今度は0.85当たりを上限に迂回こと制御出来ている感じです。

ただ、出だしの加速はスプリングチューンの時の方が良かった気も・・・

その後お布施と設定モードで微調整を行います。

かなり践んでもリミッターが効かない感じになってきました。

当面これで様子を見てみようかな~

しかし、こうなるとやはりブーストリミッターカットがしたい!!!

「限界くん2」を付けるか、スポーツコンピューターを付けるか、、

そういえば、ヤフオク!で25,800円でROM書き換えのスポーツコンピュータがでてた・・・・

どんどん深みにはまってゆく~~~~~

(アクチュエーターの

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

ad

コメント下さい(笑)

12 コメント on "ja11 ジムニーにHKSのEVCをとりつけ"

新しいコメントに通知
並び替え:   新しい投稿 | 古い投稿 | most voted

進化が激しいですね~(笑
ウインチのマウント方法が気になります

wpDiscuz
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。