JA11ジムニー トランスファーアップマウントを設置

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
       

普段、お面タイプのトランスファーガードを付けていますが、ヤフオク!などで「トランスファーフルガード」を見るたびに、やっぱりフルガードにしようかな・・と誘惑されます。

しかし、フルガードとなると18,000円くらいします。
最近タービン修理で大出費してしまったので、しばらくは倹約生活を続けなくてはいけません。

そこで、物欲を少しでも抑えるため、トランスファーのマウントをロングタイプに変更してトランスファーを上に少しアップしてみることにしました。

純正のトランスファーマウントの高さは30mm、これを10mm高いマウントに変更します。

パーツの手配

用意したのは「倉敷化工(KRK)[KA-50-40H]丸形防振ゴム 」

1個771円 三カ所合計 2313円です。

そう、倉敷加工の男達が作っているのです、明日を作る力!倉敷加工の男達が上半身裸に短パン姿で作っている一品です。

(岡山ローカルの、それも30年くらい前にしていたCMネタです・・・意味不明でごめんなさい)

こんなCMです。

今回は、アップマウントの他に、6mmのスペーサーを上下に設置して、全体で22mmアップしてみることにしました。

 

パーツの取り付け

それでは早速装着します。

当社は3本のプロペラシャフトすべてはずさずに作業できるかな?と思いましたが、トランスファーを持ち上げると、トランスミッションとつながっているペラシャがフレームと接触してファーを持ち上げることが出来ないと判明、この1カ所のみ、ペラシャをはずしました。

あとは、ジャッキで一カ所づつマウントを持ち上げて、古いマウントを撤去して新しいマウントをはめ込みます。

最初に前から向かって左後ろのマウントをはずします。

純正はすっかりへたっています。

見た目は10mm以上上がりそうな感じ。

上下にスペーサーを入れた倉敷加工マウントをはめ込みます。

続いて、左前、後ろと同様にスペーサーを入れようかと作業をしましたが、ペラシャが上部のフレームに干渉するため、この部分はスペーサーなしの10mmアップが限界のようです。

続いて右側、この部分は間をとってmスペーサー1枚(6mm)を追加して設置しました。

M12のナットで上下を締め込みます。

ボルトが長めなので、最後に余ったボルトをグラインダーでカットしました。

これで後方が22mm、前方が10mmアップ、いくらかはヒットしにくくなっていると思います。

そして、試験走行。

今回ペラシャの延長や角度の補正はしていませんが、異音もなく、また延長の必要もなさそうです。

 

↑設置前

 

あっと、設置後の写真がない、あとで追加します(汗

 

  • by
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • LINEで送る

    SNSでもご購読できます。

    ブログランキング

    ad

    コメント下さい(笑)

    avatar

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

      Subscribe  
    新しいコメントに通知
    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。