JA11 ジムニーにSJ30のハーフドアをとりつけ 前編

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
       

同じヒカリオートユーザーで、ブログにコメントいただいている「おやぢさん」より、魅力的なコメントが!

「ハーフメタルドアありますよ~」

「ドアは要板金(アタック時の使用ならきにならない?ww)、幌窓も幌を張替えしたほうがいいかも?ですがまた、次回画像を送りますね(^▽^)/」

これは付けるっきゃありません!!!

なんと!格安で譲ってもらうことになりました!

感謝!!!!

 

ハーフドアを受け取りに~

おやぢさんは同じ岡山県なので話が早いです。

翌日、早速「物」を受け取るため、朝から車で職場に向かい、仕事終わりにおやぢさんのところまでいって、受け取る段取りです。

夜7時30分頃、おやぢさんの自宅に到着

ガレージにはかなりいじった白のJA11幌車が止まっています。

まずはハーフドアを受け取ります。

板金が必要と聞いていましたが、見た感じ、たいしたことはなさそうです。

 

幌窓の方は完全に硬化しているようで、ドアのホックに届かないとのこと、これは張り替えが必要そうです。

ドアを受け取った後は、おやぢさんの車を見せてもらいました(写真なし、とればよかった)

エンジンルーツ内の配管はすべて「赤」のシリコンホースに取り替えられていて、エンジンヘッドもラジエーターキャップも、バッテリーさえも「赤」です。

なかなかに美しい~

近日中にボディーリフトしようかしまいか悩み中とのこと。

「今度一緒に走りに行きましょう♪」

荷台にドアを積み込んで、帰宅します。
おやぢさんの家から我が家までは1時間30分くらいかかります。

頭のなかで、いろいろとプランを立てながら帰宅。

 

ハーフドアの仮組み

翌日は土曜日です。

まずは、前に書いている「ブースト時の笛音」の修理や「フォグランプの取り替え」作業を行います。

これらは午前中には完了。

 

ひるから、とりあえず「ハーフメタルドア」を取り付けて見ました。

見た印象はそんなに変わりません、色があせているので若干ツートンカラーっぽいです。

 

ドアのへこみのチェック、右側が細かいへこみはあるものの、大きく目立つ修理が必要な箇所はないようです。

左側はドア後ろ下あたりがへこんでいて、内側に「反った」感じになっています。

塗装は同じ白色ですが、かなり色あせています。
SJ30は生産終了の1983年からすでに35年、さすがに年期を感じる状態です。

幌窓は所々縫いがほつれて穴が開いている状態、クリアウインドは完全に硬化していて交換が必要と行った感じです。


ちなみに重さを量ってみると、JA11のドアは約17キロ、ハーフメタルドアは約10キロ、ハーフドアに変更すると、左右で約14キロの減量になります。

 

(JA11純正ドア 17.4キロ)

(ハーフドア 10.6キロ)

動かしてみると、気持ち軽くなった感じはします。

その状態で、部活帰りの子供を学校まで迎えに行くと

「なに、これ、最悪!!!!!!!!!!!!」と大不評 いい感じです♬

 

土曜日はそのまま走り回っていました。

 

ハーフドアの修理開始

日曜日、一度はずして、板金します。

我が家最強のウエポン 「木槌」を使って、ドアの端の浮いた部分をぶん殴ります。

しばらくやっていると、へこんだ部分が浮いてきて、全体的にもとのかたちに戻ってきました。

ハンマーで細かく調整します。

「OK~大体直った」

つずいて、改造&修理のための素材を仕入れに行きます。

まずは手芸屋さん、定期的に利用してます

ここでは「黒色の合皮」を180cm×150cm購入、たまたま全品2割引セール中で(ラッキー)2,700円くらいでした。

続いてホームセンターで透明の厚地のテーブルクロス 100cm×80cmを購入 1,200円くらい。

さらにダイソーで両面テープを4本お買い上げです。

家に帰ったら、早速合皮をドアに合わせて裁断します。

そうです。合皮をドアに張って、「なんちゃって幌ドア風メタルドア」にする予定です。

次に、両面テープをドアに貼って、合皮を貼り付けてみました。

「う~~~~~~~ん、今ひとつ」

両面テープで張った場合、今ひとつ密着せずに剥がれてきそうです。

計画変更、ホームセンターに走り「G17スプレーボンド」を購入。

ドアに噴射して、合皮を貼り付けてみました。

「おおおおお~~~」

端も本土を付けて合皮を接着し、クリップでとめて乾かしました。

今度はいい感じです。

なかなかの高級感、

 

現在乾燥中、取り付けが楽しみです。

 

 

幌窓の修理

さて、お次は幌窓です。

まずは、パーツをばらします。

バラバラにしたら、それを元に型紙を作ります。

チャックは使えそうだったので再利用します。

型紙を元に、合皮を裁断してパーツを作ります。

あとは、ミシンで縫い付ければOk

とはいえ、合皮を縫うのは割と難しいので、手間取ります。

透明テーブルクロスも、もとの窓から型を起こして裁断、縫い付けます。

とりあえず、右側が完成、骨に取り付けて見ます。

「まぁ、こんな感じかな?」

本日はここでタイムアップ、左幌窓作成と組み付けは次週に続きます

The following two tabs change content below.

ルンルン21

プロフィール 2011年、岡山のジムニー専門店「ヒカリオート」にてJA11バンを購入、すぐにジムニー改造にはまる。その後数年は一人でこつこつと改造を続ける、チャイナカップトライアルなどに出場。 現在のジムニーは2台目、JA11幌車、車の仕様は下記の通り。 ジムニー改造家 トライアル選手権ドライバー
  • by
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • LINEで送る

    SNSでもご購読できます。

    ブログランキング

    ad

    4
    コメント下さい(笑)

    avatar
    1 Comment threads
    3 Thread replies
    0 Followers
     
    Most reacted comment
    Hottest comment thread
    2 Comment authors
    adminおやぢ Recent comment authors

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

      Subscribe  
    新しい投稿 古い投稿 most voted
    新しいコメントに通知
    おやぢ
    Guest
    おやぢ

    仕事が早いですね~~(^▽^)/
    子供に不評なのは、わたしんちもです(笑

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。