ジムニーの故障ヶ所判明、 ウォーターポンプでした

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

エンジン(F6A)の左中央付近から水が漏れ出して早4日あと1日しのげば週末です。
やっと修理に取りかかれます。

この一週間は奥さんに頭が上がらない日々でした。
こういうときのために、ジムニー以外の移動手段も確保しておいた方がいいと思います。

「チョイノリ」でも買おうかな~

それはさておき、いろいろと解りました。ネットは本当に便利です。

ます、故障箇所はウォーターポンプでした。
開いていた穴は、ウォーターポンプのシール不良が起きたときに、ギアや他のシールに水がかからないように排水を促すためのもので、ネジで塞ぐなんてもってのほかです!(危なかった)

我がジムニー君は現在23万キロを走破していて、その間にタイミングベルトの交換を2回行われているようです。

と言うことは、2回目の交換後、まだあまりたっていないと考えられます。

ウォーターポンプ交換のついでにタイミングベルトや他のシール類も交換してもいいのですが、今回はウォーターポンプのみの交換をすることにしました。

ウォーターポンプは純正部品(純正品番:17400-83840)をスズキで買うと8500円程しますが、対応の社外品が半額程で売っています。

今回チョイスしたのはGMBと言う会社の純正互換ウォーターポンプ、なんとガスケットがおまけに付いてきてお得です。
価格は4012円、アマゾンにてゲットしました。
DSC_0395
そして金曜日のよる、ちょっと困ったことが発生、ウォーターポンプとエンジンの間に塗る液体ガスケットがどこにも売っていません!

手元にあるのはソフト99のマフラー漏れ止め剤パテタイプのみです。
ホームセンターを巡りましたが液体ガスケットがありません、、、

困った、これじゃ、週末作業できない!!!

と言うことで友だちのバイク屋さんに泣きついて、液体ガスケット貸してもらいました。(一緒にアマゾンで買っとけば良かった・・)

DSC_0394

何とか液体ガスケットも手に入り一安心、あすようやく修理できます。

1週間長かった~~

SNSでもご購読できます。

ad

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。