ジムニーのエアコンがそれでも効かない・・次の一手は

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
       

さて、ガンとして動かなかったコンプレッサーの心を開き、素直に動くよう改心させてやったのは記憶に新しいところですが、コンプレッサーは動いたもののぜんぜん涼しくなりません。

 

まだ何か足りない様です。

そこで、まず思い浮かぶのはガスです。

JA11-2型なので、使用するガスはR12になります。

進学のR134aは一缶3~400円で買えますが、R12は高いです。

既に絶盤で、デッドストックがヤフオク!で数千円で売買されています。

そして今回使用するのは「R12の代替ガス カーエアコン用クーラーガス R-12対応 R-SP34E」です。

一缶200g入りで1690円でした。

念のため2缶購入。

ガスチャージには専用のチャージ用マニホールドゲージが必要です。

これは、昨年既に購入済みです。

ケーブルをつなぎます。

青ケーブルが低圧、赤が高圧用です。

JA11の場合、奥が低圧、手前が高圧です。

設定値は低圧が2KG、高圧が15KGです。

 

ゲージをつなぎ、メモリを確認します。

 

低圧が9KG、高圧が5KGを示しています。

 

まるでガスが足りない様です。

 

先に高圧のバルブを開けて、30秒くらい注入します。

 

1度しめて、低圧のバルブを開けて、じっくりとチャージします。

 

ボンベがキンキンに冷えて、チャージしづらくなるので、手で温めながらチャージします。

 

ボンベ2本用意していましたが、1本で規定値までチャージが完了しました。

 

「よ~~し、これでキンキンだぜ!!!!」

 

ためしに、エアコンONでしばらく走ります。

 

「う~~~~ん、涼しいと言えば涼しいのですが、なんだかパンチが足りません?」

 

その後も30分くらい走ってみます。

 

やっぱ、なんかおかしいなぁ?

 

ふっと助手席の足下上にあるエバポレーターを触ってみます。

 

「なんじゃこれは!!!!!!」

キンキンです

凍り付いています!

助手席側からエバポレーターの中を覗いてみると

「おーーーーーーーーーーーーーーーー」

エバポレーター一面が真っ白に凍り付いているではありませんか!

「こんなところで、エネルギーを無駄につかとったか!」

 

翌日早朝、掃除します。

掃除のために、エバポレーターのカバーをはずそうとしますが、なんだか外れる気配がありません・・・・

もー時間ないのに!!

「切っちゃえ!」

ニッパーで、エバポレーターのカバーの格子を全て切り取りました。

 

エバポレーターの表面は28年分の埃でみっちりと覆われています。

 

この埃が濡れて、凍って、効率を落としていた可能性があります。

 

できた大穴から歯ブラシを入れて掃除します。

 

驚く量の埃が取れました。

 

最後にエアコン洗浄スプレーを一本噴射します。

その後10分以上待てと書いてあったので、そのまま会社へ。

そして、帰宅。

お楽しみのエアコンONです。

「どうかな?効くかな?」

スイッチON!

「明らかに涼しい!これ、涼しいよ~~~」

結局、「エアコンアップの故障」「ガス不足」「エバポレーターのほこり詰まり」の3点セットで冷えなかったようです。

これでこの夏は快適かな~~

  • by
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • LINEで送る

    SNSでもご購読できます。

    ブログランキング

    ad

    コメント下さい(笑)

    avatar

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

      Subscribe  
    新しいコメントに通知
    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。