JA11 修理、Vベルトからの異音を修理

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
       

なんだか、エンジン始動直後、キュルキュルとベルトの鳴く音がします。

何だろう?

ボンネットを御開けて、エンジンをあおってみると、結構盛大な音で、エアコンのベルトが鳴いています。

「水害の時に一度ハズレかけたので、痛んでるのかな?」

ともあれ、ベルトが鳴くときは交換するのが一番!

と言うことでベルト交換することにしました。

注文したのはこれ、

——————————–
[商品]
ファンベルトセット 1台分 スズキ ジムニー JA11C 1PHT-00-300 x1本 1PR4-00-855 x1本(1PHT-00-3001PR4-00-855)
ご注文前に適合確認が必要です。(※一部商品除く)お済でない方は車検証記載の情報を下記に記載お願いいたします。※適合確認なしでの納品後、交換は致しかねます。※以下項目を[商品についての問い合わせ]より送信下さい:●車台番号(型式-6~7桁数字)
車検証右側:●型式指定番号(5桁数字)
車検証右端:●類別区分番号(4桁数字)
https://item.rakuten.co.jp/buhindo/1pht-00-3001pr4-00-855/
価格 1940(円) x 1(個) = 1940(円) (税込、送料込)

****************************************************************
送付先件数 1(件)
合計商品数 1(個)
商品価格計 1940(円)
——————————–

JA11の場合、エンジンのVベルトにはいくつかの種類があります。

一般的なのは後記の「エアコン」「油圧パワステ」付きタイプですが

前期型と後期型ではベルトの品番が違います。

また、2型以降でも、エアコンのあるなしや、油圧パワステのあるなしでVベルトの品番が変わって来るので注意が必要です。

2同社の場合、当初油圧パワステナシでしたが、途中で取り付けたため、後期型の一番一般的なセットが適合します。

エアコン側が鳴いているので、オルタネーター側はいらないかな?とも思いましたが、1000円以内のパーツなので一緒に交換することにしました。

Vベルトの交換は、通常、シュラウドを外して、ファンを取り外し、エアコン上部のボルトをゆるめて、オルタネーター3箇所のボルトをゆるめるという作業が必要ですが、2号車は既に電動ファンに交換済みのため、最もめんどくさい「シュラウド外し」が必要ありません。

しかし、意外な伏兵が存在します。


タービンをJA用のHT-06に変更しているため、インレットパイプがエアコンのコンプレッサーに接触し、コンプレッサーをほとんど移動することが出来ません・・・

なんとか動かそうと、エアコン上部のボルトを外して見たところ、「おや????」

エアコンのコンプレッサ-そのものが変な風に動きます?

チェックしたところ、下部の2本のボルトが両方とも外れて!居ました!!!!!!!!

ここのボルト、異常に占めにくい場所にあるのですが、締めが甘く、知らないうちに外れてしまったようです。

エアコンコンプレッサーは上部の1本のボルトのみで固定されていたため、力がかかったときに微妙に角度がついて、ベルト鳴きが発生していた様です。

実際にベルトを外して点検するも、ほとんど新品と遜色ない状態でしたorz

(また、むだなお金をつかってしまった・・・・・・)

ともかく、エアコンコンプレッサー下部のボルトを締めます。

が、しまらない・・・・・というか、手が入らない・・・・

格闘すること1~2時間

ようやく、2本とも締めることに成功・・・もうやりたくない・・・・

ベルトを新品に買えて、エンジン始動。

ぶじ、音は止まりました   とさ  orz

  • by
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • LINEで送る

    SNSでもご購読できます。

    広告募集中

    ad

    コメント下さい(笑)

    avatar

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

      Subscribe  
    新しいコメントに通知
    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。