JA11のセルモーターが時々回らない。。バッテリーを新調

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
       

超久々の投稿です。皆さんお元気でしょうか?管理人はなんとか元気にやっております。

 

転職し、ようやく仕事にも慣れてきました。ちょっと余裕も出てきたので、ぼちぼち投稿も復活してゆきます。

さて、先月の壮行会での出来事、ウインチなどを多用したあと、何らかのタイミングでエンストしたり、エンジンを切ったりしてエンジン停止後、再びエンジンをかけようとしてもセルモーターがうんともすんとも言わない。

そんなときは、セル周りの配線をごにょごにょといらってやると、エンジンがかかったりする?

何だ?この症状は??????

最初に疑ったのは、配線の接触不要。

しかし、見た感じ、配線は正常につながっている。

何??

とりあえずだましだましのって、その日は事なきを得ました。

翌日改めて配線を確認します。

「う~~ん、大丈夫みたいだけど。。。。。」

そこで!、すでに5年以上働いてくれているバッテリーに隠居してもらうことにしました。

もしかすると、バッテリーがくたびれていて、ウインチの多様などで電圧不足になったのかもしれません。

そして、購入しました!

その名も「カオス!」

JAPANバッテリー界の勇!

パナソニックカオスです。

カオスについてはもう説明不要でしょう。

さて、そのカオスの中でも、今回は「N-80B24R/C7」

楽天で9032円でした。

ちなみにこのカオスバッテリー、オートバックスやイエローハットで購入すると、ほぼ倍の値段で売っています・なぜだろう?

さて、今回購入したN-80B24R/C7 ですが、本来のジムニーJA11のバッテリーならば「N-60B19R/C7」くらいで十分です。これならばNET販売ならば5000円以下で購入可能です。

しかし、ウインチなどの負荷を考えて、今回はワンランク上のものをチョイスしてみました。

 

バッテリーの性能表記 N-60B19R/C7やN-80B24R/C7とは、どういう意味でしょう?

最初の「N」はカオスバッテリー独特の発注品番(商品番号)の一部です。特に意味はないようです。

次の80や60は、「バッテリの総合性能(始動性能・容量)」を表します。数値が大きいほど性能がよくなります。(50未満=2刻み、50以上=5刻みの表示になっています。)

一般的な軽ならば45あたりが標準的です。

次のB ですがこれは「. バッテリの短側面のサイズ」です。
(JIS規格で幅×箱高さの区分が決まっています。)
記号:A→Hの順に大きくなります。(単位:mm)

記号 幅 箱高さ
A 127 162
B 129(127) 203
D 173 204
E 176 213
F 182 213
G 222 213
H 278 220

次の19や24は「バッテリの長さ寸法(約cm)」です。
バッテリの長さの概寸法(約cm)を表します。(例:80B24Rでは約24cm)

最後の「R」は向かって左にプラス端子があるもの、「L」は向かって右にプラス端子のあるバッテリーとなります。

/C7の部分はカオスの独自表記で、下記の通りとなります。

<表記例>
C7 ・・・ caos(カオス)名称の略称「 C 」+第7世代目(バージョン)「 7 」をあわせた表記
C6 ・・・ caos(カオス)名称の略称「 C 」+第6世代目(バージョン)「 6 」をあわせた表記
S5 ・・・ 「 C5 」 と 「 ライフ・ウィンク(品番:N-LW/P4) 」を同梱した商品の略称
A3 ・・・ アイドリングストップ車用バッテリー名称の略称「A」+第3世代目(バージョン)「 3 」をあわせた表記
A2 ・・・ アイドリングストップ車用バッテリー名称の略称「A」+第2世代目(バージョン)「 2 」をあわせた表記
CL ・・・ 「caos lite(カオスライト)」名称の略称
CT ・・・ 「caos lite(カオスライト)」名称の略称「 C 」+第2世代目(バージョン) 「 T (two) 」をあわせた表記
CR ・・・ 「circla(サークラ)」名称の略称

というわけで、計のJA11にはかなりオーバークオリティーの「N-80B24R/C7」を搭載し、セルを一発回してみました

すると・・・

おお!セルの回る音が違う!

一発で目覚めました、ものすごく力づよい感じです。

せっかくバッテリーを交換したので、ついでに、これまで気になっていたことをします。

そう、エンジンルーム内の整理整頓です。

特に配線がごちゃごちゃで、見た目が悪い・・

いらないものを、次々と撤去しました。

1,アーシングのケーブル7本、(バッテリーが強力になったので不要でしょう)
2,オイルキャッチタンク(管理がめんどくさい)
3,マスターシリンダーストッパー(なんとなく)
4,フォグランプ(あまり使わない)

これだけとると、配線もかなりすっきりしてきました!

 

 

ついでに、痛んできている各種配線を取り替えます。。。。

すると!!

なんということでしょう!!!!!!!!!!!

2号車でもセルモーターとエンジンの間にはリレーをかまして、セルからはバッテリー直結となっています。

その、リレーのバッテリー配線のバッテリー付け根部分の金具部分が、ほぼ断線しているではありませんか!!

普段はビニールテープでぐるぐる巻きにっているので、この部分の断線に気がつきませんでしたorz

セルが時々回らなかった原因はこれか!

バッテリーまで新調したのに(涙

まぁ、新しくなって、力強くなったのでよしとします。

エンジンルーム内も、ごちゃごちゃ配線が減ってかまりすっきりです!

  • by
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • LINEで送る

    SNSでもご購読できます。

    広告募集中

    ad

    コメント下さい(笑)

    avatar

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

      Subscribe  
    新しいコメントに通知
    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。