JA11ジムニー幌車のリアゲートをクイックヒンジ化、ゲートが取り外し可能なように加工

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
       

 

チャイナカップ第2戦?が2020年10月25日に行われると言うことで、車両にちょっとひと工夫

 

もう一段の軽量化を図ってみました。

 

リアゲートのクイックヒンジ化です。

これで、出場時、簡単にリアゲートを取り外すことができ、約5キロの軽量化が可能です。

 

さて、実際にヒンジを切ってゆきます。

ヒンジは案の定固着してドライバーでは取り外せませんが、タガネで一発ド突けば一発で外れます。

2個のヒンジを取り外します。

クイックヒンジ化するのですが、JA11-2型のドアの場合、ドアを支えるピンが下から生えていたので、ボディー側のヒンジの上部をカットするだけのお手軽改造ですが、リアゲートの場合、カット前によ~~~~~く見たところ、ゲートを留めるピンは上から下に向けて生えているようです。

 

このままではボディ側ヒンジ上部をカットしても、ピンが一緒にとれてしまい、クイックドア化できません。

 

どうしようか悩んだ結果、M8のタップでヒンジ下部の穴にネジを切ってしたから、ネジを入れて固定しようと企てました。

 

 

グラインダーでボディ側ヒンジの上部をカット、すると、ぽろっと頭の部分が落ちました!

 

 

 

あれ?思ってたのと違う?????

 

どうやら、本来はピンが上から下に刺さっていたようですが、長年の劣化と固着で、ゲートの上部金具のピンが折れて、ゲート側ホールに固着してしまっているようです。

下のヒンジも同様に、ボディ側上部のピンは折れた状態でした。

「このまま使えるんじゃね?」

 

ということで、ヒンジを固定して取り外してみます。

問題なさそうです。

 

ナンバープレート用のライトの配線があるので、ワンタッチで取り外し可能なように加工します。

 


OKできた!

念のため、ゲートが外れたりしないか、近くの河原でテスト走行します。

岩だらけの河原をがったんごっとんと走っても、ゲートはしっかりと固定されていました!

 

次回チャイナカップでは5キロ減量で挑みます!

 

 

5 1 vote
Article Rating
  • by
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • LINEで送る

    SNSでもご購読できます。

    広告募集中

    ad

    Subscribe
    新しいコメントに通知
    guest

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    0 Comments
    Inline Feedbacks
    View all comments
    0
    Would love your thoughts, please comment.x
    ()
    x
    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。