JA11ジムニー タービン交換 白煙は収まるか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
       

マフラーからモクモクと出る白煙・・


全く良い物ではありません。

なんとかせねば・・・・

ということでワコーズのエンジンパワーシールドを投入しました。

オイルも今までの5W-30からワコーズの15W-40へ変更、しばらく乗っていると、白煙が消えました!!

「やった!」

しかし、オイルの粘度変更や添加剤で白煙を消しても、一時しのぎに過ぎません。

やはり根本原因をなんとかしなくては、いつまでたってもEPSを添加しなければならないEPS中毒車の様になってしまします。

Jsガレージの見立てでは、原因はタービン、ということで、リビルドタービンを購入したモビーディックさんにお願いしてタービンを交換してもらうことになりました。

ここで、せっかくタービンを交換するのだからと、モビーディックさんに

「あの~追い金払うので、アクチュエーターを強化に変えてもらえませんか?」とお願いしたところ、あっさりとOK!

強化アクチュエーター付きタービンに変更する事と鳴りました。

 

数日後、モビーディックさんより交換用のタービンが届きました。

 

調整式アクチュエーターの付いた強化タイプです!

オイルパイプに銅ワッシャー、タービンアウトレットのガスケットにインレットのガスケットと、フル装備です!

たすかる~

早速作業開始です。

 

タービンをはずすには注意が必要です。

タービンをエキマニと固定している3個のボルトと、タービンアウトレットをタービンを固定する4個のボルト、計7本、このボルトたちはくせ者で、とても折れやすいのです。

そして折れたら地獄!です。

今回の場合、タービン交換なので、折れてもそのまま返却できますが、ボルトの予備がありません。本日中に作業を終わらすためにもボルトをおらずにタービンをはずすことは絶対命題となります。

 

とはいえ、まだ、新しいタービン(エンジン)に変わって3ヶ月しかたっていません。

そんなに固着は無いと信じて作業を開始します。

 

まずはオイルと、クーラントを抜きます。

入れたばかりなので、もちろん使い回します(笑

適当な容器にオイルとクーラントを抜いておきます。

 

エアクリーナーをはずして、インタークーラーをはずします。

JA11の場合、このインタークーラーはずし作業はかなりめんどくさいです。

というのも、インタークーラーのステーの3本足の一番前のボルトをはずすのが大変難儀なのです。

 

 

 

工具が入らない・・・・

 

メガネレンチを駆使して、なんとかはずすことができました。おそらく1時間くらいかかっています。

 

ここさえはずせれば、第一関門突破、いよいよタービン本体です。

 

フロントパイプにジャッキをかけて、軽く上に上げます。

タービンをはずす際、マフラーからかかる重量で微妙にタービンに荷重がかかり、タービンアウトレットのボルトが外れにくくなります。

マフラーをジャッキで少し支えてやることで、タービンアウトレットのボルトは一気にはずしやすくなります。

まずは、タービン上部の3本のボルト、恐る恐る回しましたが、何の問題も無く簡単に抜けました。

続いてタービンアウトレット側、タービンアウトレットを固定する金具のM12のボルトも軽く緩めて遊びを作っておきます。

そして慎重に、回しました。。

無事、4本とも抜くことに成功!

タービン摘出完了です。

新旧タービンを比べてみました。
同じリビルトタービンで本体に差はありません。

軸を触ってみましたが、新旧大して違わない印象です。

違っているのは、アクチュエーター!

新タービンは強化アクチュエーター装備です!!

 

ここで、???

この調整式アクチュエーター、ロッドの部分がなんか長いなぁ?

 

調整式で、アクチュエーターのロッドの長さを変えることができます。

短くすると、よりハイブーストになります。

純正長と比べて見ました。

一番短くしても、純正よりもちょっと長めです??

内部のスプリングが強いからこれでいいのかな?

 

とにかく、一番短くロッドを締め込んで、新タービンを装着します。

 

 

作業は先ほどの逆、タービンの各ボルトにはスレッドコンパウンドを塗布しておきます。
これで、ボルトが焼き付きにくくなり、次回作業でもはずしやすくなります。

程なく取り付け完了。

クーラントとオイルを入れて、エンジンON!

しばらくは作業中にタービンに付いたオイルが蒸発するため、タービンあたりからモクモクと白煙が上がります。

念のため確認しましたが、マフラーからの白煙はなしです。

「問題なさそう~」

 

テスト走行にいきます。

さて、白煙はおいといて、強化アクチュエーターがどんな効果を現すか!

 

エンジンも暖まったので、アクセルを踏み込みます。

「ん?」

 

普通です。

良くも悪くもない・・・・・・・・・・・・

 

orz

 

 

数日、乗ってみました。

白煙は一切なくなりました。

やはり原因はタービンだったのか?

 

治ったのはEPSのおかげか、はたまたタービン交換のおかげか?

焦って一気にいろいろやったので、検証不足ですが、取り合えず良かった♪

  • by
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • LINEで送る

    SNSでもご購読できます。

    広告募集中

    ad

    コメントを残す


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。