JA11ジムニーのトランスファーをオーバーホール

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
       

走行中、ずっと「シャ~~~~~」という音がつずく問題、

特に高速だとひどいです。

ということで、原因の一つと思われるトランスファーをオーバーホールすることにしました。

目指すはベアリングの総取っ替えです。

JA11のトランスファーには5個のベアリングと、3個のニードルベアリングが組み込まれています。

この中でも、今回疑っているのはダウンギアに使用している2個のニードルベアリングです。

ヒカリオートににてベアリングを注文

後でわかりますが、ニードルベアリングを1個注文し忘れている、そして、ヘアリング1個間違えて注文していました(汗

とにかく数日後、ベアリングが到着、早速作業開始です。

トランスファーのギアオイルを抜いて、プロペラシャフトをはずしてゆきます。

エンジンtoトランスファーのペラシャのボルトを緩めるのは、運転席内の、ファーレバーの穴から作業するのがおすすめです。

もう何度、この作業をしたでしょうか・

兎に角プロペラシャフトがトランスファーから分離しました。

あとは、ファーを固定しているマウントをはずして、トランスファーを下ろすだけです。

車下に潜り込んで、腹ジャッキでファーを下ろします

「重い!!!」

JA11のトランスファーはとても重いです。

ひーこら言いながら、なんとか下ろしました。

 

3カ所のペラシャのフランジをはずします。

 

JA11のトランスファーをばらすときのお約束、ボルトの位置を書いた段ボールを用意して、そこに抜いたボルトを差し込んでゆきます。

ばらけました、後はプレスで元あったベアリングを抜いて、新しいベアリングをセットするだけです。

 

ここで、一番大きいギアのニードルベアリングを買い忘れていることが判明、さらに、「4」番のベアリング29982-80051を買い忘れていることに気づきますが後の祭りです。

既存のベアリングを確認したところ、素ほど劣化はなさそう・・・

しょうがない、使っちゃおう!

 

ということで、一部ベアリングは古いままのオーバーホールです(汗

ちなみに、あまり知られていませんが、JA11のトランスファーには「前期」と「後期」があります。

 

前期は車台番号が 100001~101515、101516以降は後期トランスファーとなります。

違いはシャフトを支えるベアリングの径のようです。

2号車(カブキ号)のトランスファーはすでに何度か載せ替えられているため、前期か後期か確かめようがありません。

ベアリング購入時、一瞬迷ったのですが、よくよく見ると前期は「100001~101515」JA111型の1,515台のみです。

ということは、現在流通しているトランスファーの大半は「後期」と言うことになります。

逆に前期だったら大当たりです(笑

なので、確認はしていませんが後期の部品を注文、開けてみるとやはり後期トランスファーでした。

ギアの向きに注意しながらベアリングをプレスで圧入(プレスがあると超便利!おすすめです)

念のため、ギアのクリアランスを確認します。

整備書では

アウトプットギア 0.175~0.325 限度 0.7
アウトプットハイギア 0.100~0.250 限度 0.5
カウンタシャフトギア 0.255~0.675 限度 0.1

となっています。

全て数値内でした。

出来たら、ケースに収めてゆきます。

真ん中のギアは左右にシムをかませる必要があります。

このシムには切り欠きが切ってあり、向きがあるので取り付けには注意が必要です。

整備書を見ると「シムにグリースをぬって、ケースに貼り付けてからケースを合わせる」とあったので、その通りしました。

ガスケットを入れて、液体パッキンを塗ってケースを合体、新しいオイルシールを打ち込んで、フランジをねじ込んでオーバーホール完了です。

あとは、車体に取り付けるだけ。

再び腹にファーを乗っけて、力の限り、腹ジャッキで持ち上げます。

 

重い・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

ようやく、各ステーにトランスファーを固定完了。

 

プロペラシャフトを固定して、作業完了です。

さて、あのギア鳴りは解消されているでしょうか?

 

テスト走行です。

効果は・・・・・・・・・・・・・・・・なし!

ギアなりはいっこうに収まっていません。

「やはり、犯人はトランスミッションか・・・・」

うすうすわかっては今したが、これで新犯人は特定されました。

 

トランスミッション・・・さて、どうした物か

  • by
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • LINEで送る

    SNSでもご購読できます。

    広告募集中

    ad

    コメントを残す


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。