ジムニーJA11 リアピポットガード フルガードタイプを取り付け 中国製怖い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
       

とある日曜日、コンビニでしげしげと2号車を見ていました

かっこいいなぁ~~~~~~~~

なめ回すように動画を撮ってみました。

運転席側から、ぐるっと反対に回ります。

ん?

 

んーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーん?

 

まがっとる!

リアのピポットガードが前にぐにゃりと曲がっているではありませんか!

あちゃ~~

どこでやったんだ?

 

とにかく、1度はずしてプレス機で直してみました。

一応治りましたが、このピポットガードでは何度でも同じ事が起きそうです。

やはりリアのピポットガードもフロントと同様にピポットにかぶせるタイプのピポットガードの方が安全な気がします。

買っちゃおう!

ヤフオクを物色します。

この手のものはYAカンパニーあたりが安く出品しているのですが、ヤフオクを探していると激安のJA11用、リアピポットガードが大量に出品されています。

なんと、3,711円!

安すぎでしょう・・大丈夫かなぁ・・

と、思いつつも、購入してみました。

 

数日後、品が届きました。

早速開封、おや!意外とまともな品が送られてきました。

 

見た感じ、問題なさそうです

 

早速取り付け。

 

工作中に気がつきました。

ピポット上部に2カ所ボルト穴を開けて取り付けるのですが、後のあて板が無い。。。

まぁ、リーフのボルトと3点止めなので、強度的にさほど問題はなさそうですが、ここはあて板がほしいところでした(値段の高い日本製の品には付いているのかしら?)

1度、リーフのボルトをはずしてピポットガードをフィッティングし、穴の位置をマーキングして再びはずします。

 

マークした2カ所にM8のボルトが通るアナを開けて、いよいよ本付けです。

 

と、ここであることが引っかかりました。

このリアピポットガードは、リーフボルト部分の左右の幅が広がるので、純正ボルトは使えなくなります。

当然、製品には長めのリーフボルトが付属しているのですが、このボルトが品質が悪い!

ぱっと見、バリだらけです、ボルトの頭には強度4.8の刻印がありますが、本当かなぁ~のレベルです・・・・・

使おうかどうしようか悩みましたが、命をあづける部分のパーツにこの品質のパーツはさすがに怖すぎです。

ホームセンターにボルトがないか、探しに行きました。

ありました。

強度4.8 強度的には付属のボルトと同じですが、品質は明らかによいです。

しかし、強度4.8でいい物なのか???

取りあえず他にないので日本製ボルトを購入しました。

1本110円でした。

 

しばらく乗っていましたが、やはりボルトの強度が気に入りません。

という事で、モノタロウで 「強度12.9六角ボルト(半ねじ)(SCM・黒色酸化皮膜) 少量単位 12×120 1パック(3個)」というのを購入してしまいました。

というか、3本セットしかない!2本か4本ならいいのに・・・・

ついでにナイロンナットとか、スプリングワッシャーも購入取り付けます。

完了!

これで安心して乗れそうです。

  • by
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • LINEで送る

    SNSでもご購読できます。

    広告募集中

    ad

    コメントを残す


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。