ジムニーのドライバーズシートのスライドを加工

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

僕の身長は173センチくらい
そんなに高いこともないが低い事も無い。

しかし、ジムニー君の運転席のドライバーズシートのスライド量は明らかに短い。
どう考えても短い。

と言うことでネットを調べてみると、やっぱり短いらしく
みんなぶつぶつ言っているようだ。

そんな中、「簡単にスライド量を増やせるよ」的な記事を発見したので早速試してみることにした。


ジムニーのドライバーズシートはボルト4本を緩めると簡単に外れる。
シートを取り出してシートレールを確認すると、レールそのものにはまだスライドの余裕があるものの、途中にストッパーが切ってあってそこでとまるようになっていいる。

マイナスドライバーとゴムハンマーでレールに切ってあるストッパーを無理矢理に倒してもう一度シートに着けてみる。

今度はシートとレールを止めるねじの頭がじゃまになって途中で止まってしまう。

こんどはねじに干渉しているレールの部分をやすりで削り落とす。

今度はいい感じでスライドするようになった、増えたスライド量は約6cm
今までの窮屈さが嘘のように足が伸びるようになった!

SNSでもご購読できます。

ad

コメント下さい(笑)

Be the First to Comment!

新しいコメントに通知
wpDiscuz
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。