JA11のサイドシルをカット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

DSC_0454サイドシルをカットしました。

サイドシルカットといえばJA11では定番メニューの一つですが、ディスクグラインダーでボディーを切り落とす、という結構ハードな行程が必要です。

さてまずは下準備として、どんなふうにカットするか決めなくてはいけません。

ネットを探すと一番よく見るのは、ドア下のサイドシルの膨らんだところから8cmくらいの所をきって内側に折り曲げて、その上から市販のサイドシルガードを取り付ける、、という方法のようです。

あと、すでにボコボコの場合はずばっと切ってしまう事もよくあるようです。

やりたくなったら、あまり後先考えずに突っ走ってしまう正確の私はネットの情報をそこそこに調べて、早速下8cmの所を切る事にしました。

とはいえグラインダーで車のボディを切るのは初めてです。
クラインダーの歯に298円位の高級ディスクを装着し、長袖Tシャツにゴーグルというスタイルで挑戦しました。

切るラインに合わせてマスキングテープを貼り付けてGO!!!!!!

DSC_0452

すごい火花が飛び散り、全身に降りかかってきます!

 

「あつっ!!!!!!!!」

長袖Tシャツでは火の粉をカバーしきれません、さらに頭に襲いかかる火の粉カバーも必要のようです。

その後、ジャンパーにGパン頭にはタオルを巻いてマスクを装着、重装備で再びトライです。

DSC_0474

行程はこんな感じでした。

1.ドア下の膨らんでいるところから8cmの所を切断

2.折り曲げるために、切断したラインから垂直に膨らみから両端を切断

3.下側を車の下に潜って切断しようとしましたが、もろに火花が散ってくるので断念して車の下は両端のみを切断

4.木槌を使って車下部分の鉄板を下側に垂直に伸ばす

DSC_0456

5.手前のボディを内側に手で押し曲げる

6.油圧ジャッキと木の棒を使って外側ボディを完全に折り曲げる
ここで、よくネットで見かける油圧ジャッキのうえに木の棒を置いて押し上げる方法はうまくいかなかったので、油圧ジャッキのハシを支点にして、テコの要領で棒を突っ込んで曲げてゆきました。

7.内側の鉄板の不要と思われる部分をグラインダーでカット

8.左右に残っている不要部分を細かくカット

ここで問題です。
内側の鉄板ですが、ネットの写真を見ても今ひとつ具体的に何処をカットすればよいのか不明瞭です。

初めてのグラインダーで、手探りの作業という事もあり片方切断して曲げ終わったところで本日の作業は終了という事にしました。

DSC_0457

どうでしょう、ぱっと見たらいい感じではないでしょうか。

ちなみに今回カットのために購入したディスクグラインダーは「100mmスリムボディ ディスクグラインダー MDG-100MS」これです。
ホームセンターでも1980円でした。
激安ですが、問題なくカットできました、おすすめです。

JA11のサイドシルカット後編へ

SNSでもご購読できます。

ad

コメント下さい(笑)

Be the First to Comment!

新しいコメントに通知
wpDiscuz
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。