JA11にJA22用ラジエーターを流用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

5月に入り随分と暖かくなってきました。

ドライブ日和の日が続いていますが、ちょっと問題発生です。
ちょっと長距離乗ると、水温がじりじりと上がり、1時間も車を走らせると水温系の針は110度に達します。

オートゲージの水温計で精度は今ひとつとはいえ、針がその値を示す以上はオーバーヒートの危険も有り気持ちいいものではありません。

エンジン関連は一息ついていたと思っていましたが、冷却系を強化することにしました。

そもそもJA11は550ccから660ccに企画が変わった後も、550時代のラジエーターをそのまま使っているので、構造的な冷却力不足と思います。

その後JA12になったときに、ラジエーターが大型化されたことでも裏付けられます。

そこで今回も純正チューニング、JA12のラジエーターを流用する予定です。

早速ヤフオクをチェックしますが、ちょうど良さそうなものがなかなかありません、
と、そんな矢先JA22用ラジエーター/電動ファン付きを発見!無事4,500円でゲットしました。

JA11の純正ラジエーターと比較してみます。
DSC_0645

DSC_0646

DSC_0648

DSC_0649
明らかな大きさの違い、1/3くらいJA22用の方がでかく、冷却効果が期待できます。

ついでについてきたラジエーターファンも、これまで付けていたファンより大型でシュラウドもあります。

早速付けようとしたら、JA22用ラジエータはJA12用と違い、ロアホースの口が反対です。手持ちのラジエーターホースでは届きません・・・困った・・

取りあえず、ホームセンターの耐圧ホースを流用します。
ただし、そのままホースを挿すだけではホースがエンジンに接触するため、既存のラジエーターホースを使いエルボ加工で90度曲げて接続しました。

JA22用のラジエーターはでかいです。

それまでグリルと水平くらいで治まっていた高さですが、軽く突き抜けています。

DSC_0651  DSC_0653

ボンネットが締まるかな~とそーと閉めて見ましたが、何とか締まるようです。

あとは電動ファンの配線をつないで準備完了です。

冷却効果ですが、抜群です!
JA22ラジエータ装着後、水温計の針は90度以上上がらなくなりました!
これで安心して遠出出来そうです。

<2017年4月追記>

ロアホースにつないでいたホースの継ぎ目から水漏れが発生したために、ロアホースをホームセンターで買ってきた外径28φのアルミパイプに変更しました。

ラジエーターからアルミパイプへの接続はJA11純正のロアホースでOKです。

SNSでもご購読できます。

ad

コメント下さい(笑)

3 コメント on "JA11にJA22用ラジエーターを流用"

新しいコメントに通知
並び替え:   新しい投稿 | 古い投稿 | most voted

はじめまして。コメント失礼します。こちら配線は加工が必要でしょうか?ご教示下さい。

お世話になります。大変詳しく
ご教示いただきありがとうございます。
当方も22ラジエーターをと思っています。
パワーアップさせたいです!
カプチーノea21r用のロアホースが使用可能なようですので、パーツを揃えてこちらを参考にさせていただき実行しようと思います。

22の電動パワステ流用も計画してます。
とても親切にしていただきありがとうございました。

wpDiscuz
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。