ジムニーJA11のブレーキキャリパー交換

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

週末がやってきました。

予告していたブレーキ修理を行います。

このためにいくつか取り寄せています。

まずはこれ!
ワンマンブレーキブリーダー

孤独な私のような人間には必須の道具ですorz

これさえあれば、一人でブレーキフルードの取り替えができます。

そしてブレーキフルード DAT3


MonotaROで1リットル589円と激安です。

1号車からブレーキキャリパーを取り外します。

JA11のブレーキキャリパーは左右おなじものなので、どちらを使ってもOKです。

ブレーキクリーナーできれいにします。

1号車のキャリパーはさびもなく、動きもスムーズなようです。

つずいて2号車をジャッキアップしてフロント右のタイヤを外します。

つぎにキャリパー裏のブレーキホースを軽く緩めす。
キャリパーを外した後からだと力が入らないのでこうしましたが、正しい手順は整備書を確認してね

つづいてキャリパーを外します。

2個のキャリパーを比べてみると、2号車のキャリパーはずいぶんとさびています。

1号車のキャリパーを取り付けようとしたところ、ピストンが出過ぎていて入りません。
手で押し込もうとしてもびくともしません。
そこで、ピストンに板を這わせて、キャリパーを下に置き、上から板に持ってみました。

62KGのおもりのおかげで、すっとピストンは引っ込みました。

そして本体に固定完了。

キャリパーにあるブレーキホースのボルトを素早く外し、素早く新しい(?)キャリパーに取り付けます。

いよいよワンマンブリーダーの出番です。

ブレーキフルードの交換は初めてなので若干緊張します。

M8のメガネレンチを取り付けた後、ブリーダーをキャリパーの出口に固定して、バルブを緩めます。

つ~~~とブレーキフルードが流れ出してきます。

マスターシリンダーのカップにフルードをいっぱいに満たして、ブレーキを3~4回
ポンピングしてみました。

すぐにエラーが抜けて、フルードだけになります。

本当に先だけの交換なので、こんなものかな?と思いつつも、大事をとってもうしばらくフルードを足しながらポンピングしました。

エアは出てきません。良さそうです

完了です。
ブリーダバルブを締め付けて、キャップをつけてタイヤをつけて作業完了。

早速試乗です。

60キロくらいからギアを抜いて、ブレーキを踏んでみます。

なおったかなぁ~~~~~????

なんとなく微妙

一度家に帰って念のため左リアのドラムブレーキの様子も視てみることにしました。

 

左後ろのタイヤを外し、ドラムカバーを止めている4個のボルトを緩めます。

その後、どこの家庭にも1~2個は転がっているJA11のフロントブレーキローターを取り付けて引っ張ります。

で、簡単に取り外せるはずが・・・かたい!!

どうやってもとれません??・

なぜ?と調べていたら、サイドブレーキを引いたままでした・・・orz

とれる訳ありません。

サイドを緩めたら簡単に外れました・

カバーのなかはというと、あらっきれい

驚くほどきれいでした。

納車時にメンテナンスしてくれていたのでしょう。

戻して試乗。

直ったような、微妙に左の方が効いているような・・・
う~ん微妙ですがしばらく様子を見ることにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

ad

コメント下さい(笑)

Be the First to Comment!

新しいコメントに通知
wpDiscuz
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。