ジムニーのミッションに85W-90 GL5のオイルを入れてみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ミッション付近から「しゃ~~~~~~」という音が聞こえてきます。

症状としては、アイドリング状態では「しゃ~」という音が鳴り、クラッチペダルを踏むと音が消えます。

症状から検索して「レリーズビアリングかな?」なんて思っていました。

しかし、その後の壮行会でチームのMさんから「それはレリーズじゃないなぁ、レリーズなら症状は逆!」とのお言葉をいただきました!

なるほど調べて見ると、その通り、クラッチを踏むと音が消えます。

クラッチを分だ状態ではレリーズベアリングはフリーになり駆動力からカットされるので音が消えるのは変です。

危うく知恵袋にだまされるところでした。

その後よくよく調べて見ると、同じ症状で間違った指摘をしているものと、正しい指摘をしているものと混ざっているようです。

この症状が出たときには、レリーズベアリングではないようです。

となると、犯人はトランスミッション内のベアリング!
こうなるとミッションのオーバーホールが必要です。

しかし、さすがに大変そうなので、まずはオイルでお茶を濁してみることにしました。

通常JA11のミッションオイルは「75W-90 GL4」です。

このオイルを固めの85W-90当たりに変えることで、音がなくなるとの記事を発見し、試してみることに・・・

しかし、いくら探しても「GL4」規格の85W-90のオイルが見つかりません、85W-90のオイルは「GL5」ばかりです。

GL4とGL5の違いがよくわからなかったので調べて見ました。

大きくは「極圧性能」の違いで、数字が大きいほど「極圧に対する性能が上」だそうです。

「極圧という言葉は,単独で使われることはあまりありませんが,極圧性,極圧潤滑,極圧ギヤ油などという言葉で形容詞として使われ,摩擦面の接触圧力が高く,油膜の破断が起こりやすい潤滑状態を表します。」だそうです。

また、数字が大きいほどギアを説かす可能性があるとも・・・

ではGL4指定のジムニーにGL5のギアオイルを入れるのはどうなのかというと「大丈夫」という意見と「やめた方が良い」という両方の意見があるようです。

なので、ものはためしに85W-90 GL5のギアオイルを入れてみることにしました。

購入したのはトヨタ純正のギアオイル「ハイポイドギアオイル 85W-90 GL5」です。

 

熱帯魚用のポンプをダイソーで購入してきてミッションにこぼれるまで注ぎ込みます。

オイルの赤色がなかなか毒々しいです。

注入管完了、

しばらくならして、停止し、アイドリング中の音を確認します

「しゃ~~~~~~~~~~~」

効果 無し!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

ad

コメント下さい(笑)

Be the First to Comment!

新しいコメントに通知
wpDiscuz
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。