Ja11ジムニーのドラムブレーキを調整

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
       

サイドブレーキの効きが悪い

サイドブレーキの効きが、ここのところ非常に悪くなってきました。

10ノッチくらい、カチカチと引っ張るとようやくロックされ、サイドブレーキレバーも80度くらいまで持ち上がっています。

挙げ句の果てに、ある日、ホームセンターの駐車場に停車して、適当にサイドを引いて買い物に出かけ、帰ってみると、あれ?車がいない!

その駐車場は若干の勾配があり、ゆっくり転がって5メートルくらい移動していました!

事故がなくてよかった!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

とにかく、安心して駐車出来るようにサイドブレーキの調整を行います。

サイドドラムブレーキのメンテナンス

まずは、リアをジャッキアップして、後輪を両方ともはずします。

タイヤをはずすと、ドラムブレーキカバーが現れます。

ドラムカバーは、中央の4個のM14のナットをはずすと外れます。

このとき、サイドブレーキを引いていると、絶対に外れないので要注意です。

ドラムカバーが外れました。

先日スポラン岡山での走行会で泥だらけになったため、泥がドラムブレーキ内にも侵入しています。

大まかに水洗いして、ブラシで泥をこそげ落とした後、パーツクリーナーできれいに掃除しました。

両輪のドラムブレーキの掃除完了。

ドラムブレーキの調整

つずいて調整に入ります。

両輪のドラムカバーをはずして、まずは左から始めました

写真のギザギザがついた三角のパーツを動かすことでドラムの開閉を調整できます。

三角のパーツはマイナスドライバーなどで押し込むと稼働します。

手前に出すと、ブレーキが開き、押し込むと閉まります。

現状よりも、数コマほど出して、ドラムカバーを付けてサイドレバーを引いてみます。

レバーが1ノッチで固定、これでは広げすぎです。

何度か調整しているうちに、4ノッチ程度で固定されるようになりました。

左は完了。

続いて右です。

左はドラムカバーをはずし、フリーの状態で、右でも同じように調整します。

左右のブレーキを比較したところ、左のみパッドがかなり減って、あと、1~2しかないようです。

右は5mm程度パッドが残っているようで、
どうもこれまで左強めで止まっていたようです。

右も4ノッチで固定するよう調整完了。

両輪のカバーを戻して、タイヤを付けて完了。

これで安心して駐車できます。

 

※ブレーキの調整は自己責任で、自信(確信)がない場合はプロに任せましょう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

ブログランキング

ad

コメント下さい(笑)

Be the First to Comment!

avatar
  Subscribe  
新しいコメントに通知
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。