JA11ジムニーのインテークパイプを自作

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
       

アリエクスプレスを物色中、「35φ90度アルミパイプ」(6.5ドル)なるものを発見!

これは良いものを見つけた!と言うことで早速注文しました。

アルミパイプだけでは、目的が達成できません。

さらに、内径35φのシリコンチューブが2個必要です。

程なく、シリコンチューブも発見しました

1個2ドルちょっと。2個送料込みで4.5ドル(約500円)でした。

今回はこれらのパーツを使い、エアクリーナーからインタークーラーにつながるインテークパイプを制作します。

JA11ジムニーの純正インテークパイプはゴム製です。

ゴム製のインテークパイプはタービンからの高圧により、膨らみ、レスポンスが悪くなることが知られています。

この部品をアルミパイプに変更することで、レスポンスアップを狙います。

注文から約3週間、ようやく部品が届きました。

アルミパイプはずいぶん長いのでカットする必要がありそうです。

現物に合わせてカットしてゆきます。

(ちょっとカットしすぎました(涙))

抜け防止のため、アルミパイプの両端にビード加工が必要です。

しかし、我が家にはビード加工用の道具はありません

仕方なく、マイナスドライバーで内側から丸くコンコンと打ち出して、いびつなビード加工を行いました。

シリコンパイプを取り付けて見ます。

微妙に90度より広がっていますが、後は無理矢理取り付けるだけです。

 

で、取り付けました。

レスポンスアップしたかな?と試乗してみましたが、体感できるほどの変化はありませんでした。

1,000円くらいのドレスアップパーツとしては満足です♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

ブログランキング

ad

コメント下さい(笑)

avatar

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

  Subscribe  
新しいコメントに通知
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。