JA11ジムニーのショック交換 後編 モーターファームの赤いロングショックに変更しました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
       

ランナーショックに変更してから数日間走ってみました。

やはり硬い、軽量化を進めている2号車にはちょっと硬すぎのようです。

アスファルトの凹凸ももれなく拾い、ドライバーに教えてくれます。

踏切を横切ると、飛び跳ねて頭が天井に当たる勢いです。

さすがにこれでは日常の足としては使えません。

 

1週間でまさかの交換

購入したばかりでかなり悩みましたが、ついポチってしましました。

(飛んでゆく~お金が飛んでゆく~ああ~飛んでゆく~)

前編でちょっと触れたあの「赤いやつ」です。

注文したのは水曜日(はやい)、ランナー装着はわずか1週間という結果でした。

そしてやってきました、みんな付けてる赤いショック!

早速装着です。

ショック装着にともない、あまり強くボルトを締め込まなくても良いように、M12 1.25ピッチのナイロンボルトを用意しました。

あっという間に装着完了。

 

試乗

どのくらい変わったか試乗してみます。

突き上げに関しては、旧キタガワショックよりも、ちょっと硬いくらい、硬さはあるものの、我慢出来るレベル(笑)になりました。

河原や舗装路、ダートなどでテストドライブをしてみたところ、硬すぎず、柔らかすぎずで激安価格の割に、きっちりと仕事をしてくれています。

今回いろいろと試した結果

これまでのショックで、個人的に一番気に入っているのは「モンロー」です。

次回、ショック交換時は「モンロー」にすると思います。

ファームのショックに関して、とくに不満はありません、個人的にはもう気持ち柔らかい方が好きな感じです。

ランナーは性能はとても良いと思いますが、私には硬すぎました。
特にリアは、バンボディーならば良いかもですが、シートも何もない、幌車のリアにはちょっと硬めです。

The following two tabs change content below.

ルンルン21

プロフィール 2011年、岡山のジムニー専門店「ヒカリオート」にてJA11バンを購入、すぐにジムニー改造にはまる。その後数年は一人でこつこつと改造を続ける、チャイナカップトライアルなどに出場。 現在のジムニーは2台目、JA11幌車、車の仕様は下記の通り。 ジムニー改造家 トライアル選手権ドライバー
  • by
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • LINEで送る

    SNSでもご購読できます。

    ブログランキング

    ad

    コメント下さい(笑)

    avatar

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

      Subscribe  
    新しいコメントに通知
    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。