ja11ジムニーに プロコンプES9000 インプレッション

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
       

最初に言っておこう、プロコンプES9000 最高であると!

 

ショック、再び変更 プロコンプES9000

ということで、ショックを再び変更しました。

思えばこの数ヶ月で

キタガワ→ランチョRS5000→ファーム赤ロングショック→ファーム赤ロングショック+キタガワブラケットフロントダブルショック→プロコンプES9000

と、めまぐるしく仕様を変更してきました。

そしてこの結論に至るわけですが、ja11と高圧ガスショックのプロコンプES9000がこんなに相性がいいとも思いませんでした。

 

プロコンプES9000インプレッション

 

インプレを先に書くと、オイルショックにあった細かい突き上げ感が、ほとんど無くなり、普段の足としても乗り心地が良いのです!

 

装着時に、ジャッキが必要なほど押しつける力が強いので、かなり硬い乗り心地になると覚悟していたのですが、良い意味で、完全に裏切られました。

 

ダブルショックの時も、突き上げ感がなくなり、結構いいなぁと思っていましたが、オフロード時のフロントの動きをスポイルするのでは?という不安感もありました(実際にスポイルしたと感じたことはありませんが)。

 

「抵抗」としてリーフの動きを制御しているオイルショックではなく、なるべく地面にタイヤを押しつける働きを期待して、高圧ガスショックに変更してみた訳です。

 

そして、オフロードですが、とても良く動いてくれます。
動き自体は、これまでのショックと比べて劇的に違う感覚はありませんが、しっかりと地面にタイヤの力を伝えてくれています。

これまで使ってみたショックの中では、間違いなくNo1の印象です。

と、褒めちぎりですが、注意点もいくつかあります。

まず、プロコンプの場合、様々な種類があり、どれを選択するか迷うところです

 

プロコンプの品番と特徴

プロコンプでja11のフロントに取り付け可能な品番は下記の通り

  1. 91551X (最大長)387 ::(最小長)255 ::(ストローク)132 ::(ボディ径)52
  2. 91751X (最大長)434 ::(最小長)269 ::(ストローク)165 ::(ボディ径)45
  3. 91851X (最大長)463 ::(最小長)293 ::(ストローク)170 ::(ボディ径)60
  4. 91951X (最大長)487 ::(最小長)306 ::(ストローク)181 ::(ボディ径)60
  5. 92051X (最大長)516 ::(最小長)320 ::(ストローク)196 ::(ボディ径)52
  6. 92151X (最大長)540 ::(最小長)332 ::(ストローク)208 ::(ボディ径)60
  7. 92251X (最大長)566 ::(最小長)347 ::(ストローク)219 ::(ボディ径)60
  8. 92451X (最大長)613 ::(最小長)369 ::(ストローク)244 ::(ボディ径)60
  9. 92551X (最大長)642 ::(最小長)383 ::(ストローク)259 ::(ボディ径)60
  10. 92651X (最大長)666 ::(最小長)395 ::(ストローク)271 ::(ボディ径)60
  11. 92751X (最大長)698 ::(最小長)404 ::(ストローク)294 ::(ボディ径)52
  12. 92951X (最大長)742 ::(最小長)434 ::(ストローク)308 ::(ボディ径)60

一般的には、下記の様な感じで販売されています

純正長  91751X
2インチアップ  91951X
3インチアップ以上  92051X

2号車の場合、2.5inchアップなので、2インチアップか3インチアップかで悩みます。

さらにこれまで付けていたファームの赤ショックの場合、下記のスペックです

ファームショックのスペック

【フロント】
・シェルケース径:内筒 38φ , 外筒 45φ
・長さ:最小長 303mm ±3mm , 最大長 503mm ±3mm(サスストローク 200mm)

 

プロコンプ装着の考察

2インチアップにした場合、最小長はほぼ同じですが、これまでより20mmストロークが短くなります。

 

3インチアップにした場合で、ストロークはほぼ同じですが、最小長が17mm長くなります、更に、92051Xはボディー径が52φと、折角のプロコンプなのに、何故か細くなります。

91951X (最大長)487 ::(最小長)306 ::(ストローク)181 ::(ボディ径)60
92051X (最大長)516 ::(最小長)320 ::(ストローク)196 ::(ボディ径)52

もう一つ上の92151Xにした場合、、ボディー径は60φで太いですが、最小長が332とファームに比べて30mmも長くなります。

ここまで長いと、バンプストッパーをかなり伸ばさなくてはショックが底突きしてしまいます。(2.5インチアップの場合)

 

92151X (最大長)540 ::(最小長)332 ::(ストローク)208 ::(ボディ径)60

ストロークを取るか、最小長を取るかでかなり悩みました。。。。

 

そして出した結論は・・・・・「91951X」

最小長をとって、ストロークを捨てました!

主な用意は普段の足とトライアル、トライアルの場合、ストロークよりも、トラクション重視と言うことで、太くて少し短めのショックで決定です。

クロカンやロックシーンでは逆の選択かもですが・・・

そして、やってきました。

プロコンプES9000 919510  箱から出すと思いのほか短くて、ちょっとやってしまったか!と思いましたが、不安を振り切って装着します。

 

太いので加工が必要と記載されていましたが、無加工で装着できました。

装着にはパンタジャッキを使用しました。

腕の力だけでショックを縮めるには、相当の腕力が必要です。

装着完了!!!

これで、最近構想していた足回り改造セッティング

1,ボディーリフトブロックを撤去し、重心を下げる
2,ボディーリフトをやめても、ショックの縮み代を確保するための、フェンダーアーチの拡大
3,高圧ガスショック「プロコンプES9000」への変更
4,石塚ナックルによる切れ角アップ

の完成です。

その日、ヒカリオートの面々がスポラン岡山で走行会を行っていたので、昼から検証がてら走行会に乱入しました。

一般道での感想は冒頭の通り

オフロードでも、しっかりとトラクションがかかっています。

しかし、問題が発覚しました

擦りまくりです・・・・orz

リアは問題なしですが、700R16のフロントタイヤがタイヤハウスに擦りまくります。

ワイトレは50mm。

モーグルポイントでとめて擦っている場所を確認します。

タイヤを正面に見て、右も左もこすっています・・・

さらに、一番縮んだ状態では、ショックが完全に縮みきって底付き状態です。

・・・・・・う~~~~~~~~~ん

カットしたフェンダー周りは問題ありませんが、タイヤハウス内となると、処理が難しくなります・・とくにシート側のタイヤハウスとなると、そんなに加工しろがありません・・・

どうしよう~~~~

いまさら、ボディー-リフトを戻すのも嫌だし、折角切れ角アップしたのに、ホーシングを前に出してホイールベースを伸ばすのも気が引けます。

あたらなくなるまで、バンプストッパー伸ばそうかなぁ~~~~~

良い方法があれは教えてくださいm(_ _)m

 

プロコンプES900 JA11 2インチアップ用

プロコンプES900 JA11 3インチアップ用

  • by
  • SNSでもご購読できます。

    ブログランキング

    ad

    2
    コメント下さい(笑)

    avatar
    1 Comment threads
    1 Thread replies
    0 Followers
     
    Most reacted comment
    Hottest comment thread
    2 Comment authors
    ルンルン21おやぢ Recent comment authors

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

      Subscribe  
    新しい投稿 古い投稿 most voted
    新しいコメントに通知
    おやぢ
    Guest
    おやぢ

    今の私の画策は・・・15インチにしてみようかなっと(笑

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。