JA11ジムニーに中折れシャックルを取り付け

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
       

クロカン時、Pクラスの車両をみていて常々思うことがあります。

「み~んな、中折れシャックル つけとるなぁ~」

そうです、チャイナカップトライアルに参加しているマシンは、み~んな「中折れシャックル」をつけています。

「みんなつけてるのだから、やっぱ、いんだろうなぁ~」

 

中折れシャックルの種類

中折れシャックルといえばいろいろな種類があります。

一般的なのは、この形

あと、更に可動部のある「レボルバーシャックル」なんてのもあります。

 

 

しかし、私の場合、1号車でメーカー不明の「レボルバーシャックル」を装着して兵庫まで遠征し、「リーフ折れる」「ペラシャ抜ける」「シャックルの根元が歪む」という大惨事を経験したことがあるので、レボルバーシャックルは検討範囲外、今回は一般的な中折れシャックルを検討します。

赤穂のオフロードコース|走行会に参加、そして・・・

 

各メーカから数種類の中折れシャックルが発売されていますが、大きな差はピンからピンの長さ、キタガワリーフと相性の良さそうなのはおなじ「キタガワ」製の中折れシャックル、もしくは純正長のモーターファームの「コンペティションシャックル」です。

ヤフオク!の激安中折れシャックルもありますが、デカすぎ、長すぎで、帰って性能が落ちそうなやつは却下です。

 

どれを買うかな?

 

中折れシャックルは普通のシャックルに比べると高価で12500円/個 4個変えると5万円くらいします。

いいの出てないかなぁ~

こんな時は、ヤフオク!、メルカリ、アップガレージなどを物色して回ります。

そして、ありました!都合のいいのが!

「キタガワ 中折れシャックル 2個 10000円!」

早速入札。

そして、無事落札しました!

 

購入したシャックルとこれまでついていたシャックルの比較

 

数日後、「物」が送られてきました。

中古ですが、なかなかきれいです。

これまでつけていた三角のシャックル(おそらくキタガワ製)のピン間の長さを測ってみると85mmでした。

いっぽう、中折れシャックルのピン間の長さは80mm 約5mm縮小です。

キタガワのリーフは純正長(70mm)が一番いいと言う話を聞くので、まぁ、許容範囲かな?(一応キタガワ製だし)

リーフとフレームの間にパンタジャッキを入れて隙間を作り、シャックルをはずします。

中折れシャックルを組み込んでボルトを締め込みます・

・・・・・・んっ?  なんか長いな・・・

「あっ、これ、ウレタンスペーサーがいるやつやん・・」

キタガワのホームページを確認すると、ウレタンスペーサーがついているようです。

「くっそー、スペーサーがないやん・・・・」

中止して、スペーサーを注文しようかと思いましたが、そのまえに、何か代用できないか探します。

「これで作るか・・」

昔使っていた純正のゴムブッシュを発見、羽根の部分をカッターナイフで切り落としてゴムスペーサーを作ってみました。

自作スペーサーをつけて、中折れシャックルを取り付けて見ます・・・

OK、ぴったし!

ゴムスペーサはとても厚く、各軸に1個でちょうど良い大きさです。

4個作って取り付けました。

完成~~~

早速走ってみます。

オンロードでは、体感できる変化はまったくありませんでした。

真価が出るのはオフロードですが、本気で走る前に1点確認すべきポイントがあります。

2号車は中古で購入時からキタガワノ足回りでしたが、ブレーキホースがロングなのか、純正なのか不明です。

ためしに、河原の高低差を使い、片方の前輪を力一杯上げてみたところ、片方のバンプストッパーが完全に潰れた状態でも少し余裕があります・・・

微妙だな~

と言うことで、完全なテストをする前に、ブレーキホースをロングに変えるかも・・・

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

ブログランキング

ad

コメント下さい(笑)

avatar

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

  Subscribe  
新しいコメントに通知
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。